Tet-On® 3G 発現誘導システム (EF1 Alpha Promoter)

  • 最も高い誘導倍率を実現するTet-On 3Gシステム
  • 哺乳類細胞での厳密な遺伝子発現誘導実験が可能
  • サイレンシングが起こりにくいEF1αプロモーター搭載タイプ
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631167 Z1167N Tet-On® 3G Inducible Expression System (EF1alpha Version)
  • ライセンス
1 Kit ¥211,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631346 Z1346N Tet-On® 3G Inducible Expression System (EF1alpha, Bicistronic)
  • ライセンス
1 Kit ¥211,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631347 Z1347N Tet-On® 3G Inducible Expression System (EF1alpha, mCherry)
  • ライセンス
1 Kit ¥224,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631348 Z1348N Tet-On® 3G Inducible Expression System (EF1alpha, ZsGreen1)
  • ライセンス
1 Kit ¥224,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631340 Z1340N Tet-On® 3G Bidirectional Inducible Expression System (EF1alpha Version)
  • ライセンス
1 Kit ¥211,200
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631341 Z1341N Tet-On® 3G Bidirectional Inducible Expression System (EF1alpha mCherry)
  • ライセンス
1 Kit ¥224,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631342 Z1342N Tet-On® 3G Bidirectional Inducible Expression System (EF1alpha ZsGreen1)
  • ライセンス
1 Kit ¥224,500
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Tet-On 3G Inducible Expression System(EF1alpha)は、調節因子(Tet-On 3G)発現プロモーターにヒトポリペプチド鎖伸長因子遺伝子(EEF1A1)プロモーター(EF1αプロモーター)の利用により、従来タイプのCMVプロモーターがサイレント化される造血細胞や幹細胞などにおいてもTet-On 3G調節因子を長期間安定的に細胞内で発現させることができる。また、各システムの応答ベクターは、バックグラウンド発現が最も低いTet-On3Gシステムと同じpTRE3Gベクターなどで構成されており、Tetシリーズ中で最も高い誘導倍率を実現することができる。

EF1αプロモーター

Jurkat細胞は、CMVプロモーターベクターでは発現量の低下やクローンごとの発現量の変動が起きやすいことが知られている。Jurkat細胞にEF1αプロモータータイプのTet-On 3Gシステムを用いると、全体の83%のクローンが高レベルの誘導発現を示し、33%のクローンが2,000倍を超える非常に高い誘導倍率を示した。このようにTetシステムを構築する細胞の種類に合わせて、プロモーターのタイプを選択することが重要である。

Tet-On 3G Inducible Expression Systems with EF1 alpha Regulator Vectors
製品名 Tet-On調節ベクター TRE応答発現ベクター
Tet-On 3G Inducible Expression System (EF1alpha Version)(製品コード 631167)
Tet-On 3G Bidirectional Inducible Expression System (EF1alpha Version)(製品コード 631340)
Tet-On 3G Inducible Expression System (EF1alpha, Bicistronic)(製品コード 631346)
Tet-On 3G Bidirectional Inducible Expression System (EF1alpha, mCherry)(製品コード 631341)
Tet-On 3G Bidirectional Inducible Expression System (EF1alpha, ZsGreen1)(製品コード 631342)
Tet-On 3G Inducible Expression System (EF1alpha, mCherry)(製品コード 631347)
Tet-On 3G Inducible Expression System (EF1alpha, ZsGreen1)(製品コード 631348)
表1. Tet-On 3G System (EF1alpha Promoter)のベクター概略

内容

・Tet-On調節ベクター(pEF1α-Tet3G)
・TRE応答発現ベクター(PTRE3Gプロモーター)
・Control vector (pTRE3G-Luc)
・Hygromycin linear selection marker
・Puromycin linear selection marker
・Tet Approved FBS (50 ml)
・Xfect Transfection Reagent(100反応分)

保存

-20℃

用途

哺乳類細胞での目的遺伝子の発現誘導
毒性遺伝子の発現制御
CMVプロモーターがサイレント化される胚性幹細胞などの発現誘導実験

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ