酵母ツーハイブリッドシステム [製品購入ガイド]

Matchmaker Gold ハイブリッドシステムの製品購入ガイド

製品概要
Matchmaker™ Gold Yeast Two-Hybrid System酵母内でタンパク質-タンパク質間相互作用を検出あるいは確認するためのGAL4ベースの基本システム(スクリーニングには別途、ライブラリー作製キットまたは酵母形質転換済みライブラリーが必要)
  • 新規レポーター遺伝子(Aureobasidin A耐性を付与するAUR1-C遺伝子)を含む複数の独立したレポーター遺伝子により、偽陽性クローンを大幅に低減
  • プレート上で直接X-α-galアッセイが可能
Make Your Own "Mate & Plate™" Library System 酵母ツーハイブリッド(Y2H)スクリーニング用preyタンパク質発現cDNAライブラリーを酵母中に作製するために必要なSMART反応用試薬、preyタンパク質発現用ADベクター、酵母宿主株(Y187)などからなるキット。上記システムと併用して、未知のタンパク質間相互作用のスクリーニングが可能
  • 酵母中にライブラリーを作製することで、簡便な接合スクリーニングが可能
  • わずか100 ngのtotal RNAからも構築可能
Mate & Plate™ Libraries酵母Y187株に形質転換済みのY2Hシステム用preyタンパク質発現cDNAライブラリー
Matchmaker™ Gold Yeast One-Hybrid Library Screening Systempreyタンパク質発現用のADベクター、標的DNA配列(bait配列)挿入用AUR1-Cレポーターベクター、酵母宿主株(Y1HGold)、cDNAライブラリー作製に必要なSMART反応用試薬などからなるキット。酵母ワンハイブリッド(Y1H)システムによるDNA-タンパク質間相互作用の解析、スクリーニングが可能。
  • 新規レポーター(AUR1-C遺伝子)の採用により、偽陽性クローンを大幅に低減
  • Y1HGold株のゲノム中にbait配列を組み込んだ後、SMART法と酵母の相同組換えを利用してY1HGold[bait]株中にライブラリーを作製するため、ライブラリー構築と相互作用のスクリーニングが同時に可能
Yeast Media酵母用プレミックス培地。Yeast Media Set 2およびSet 1は、Matchmaker Gold Y2HまたはY1Hシステムに必要な培地添加剤と複数のプレミックス培地がセットになっている。
Matchmaker™ Mammalian Assay Kit哺乳類細胞でタンパク質-タンパク質間相互作用を検証
  • 一過性アッセイで、24~48時間で相互作用を検出

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ