Mate & Plate™ ライブラリー(酵母導入済み)

  • すぐに使用できる酵母形質転換済み酵母ツーハイブリッド解析用cDNAライブラリー
  • 組織特異的なcDNAライブラリーを多数ご用意
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 630468 Z0468N Mate & Plate™ Library - Human Liver
  • 遺伝子組換
1 ml×5 ¥184,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 630470 Z0470N Mate & Plate™ Library - Human Testis
  • 遺伝子組換
1 ml×5 ¥184,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 630471 Z0471N Mate & Plate™ Library - Human Heart
  • 遺伝子組換
1 ml×5 ¥184,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 630474 Z0474N Mate & Plate™ Library - Human Ovary
  • 遺伝子組換
1 ml×5 ¥184,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 630476 Z0476N Mate & Plate™ Library - Mouse Embryo 17-day
  • 遺伝子組換
1 ml×5 ¥184,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 630478 Z0478N Mate & Plate™ Library - Mouse Embryo 11-day
  • 遺伝子組換
1 ml×5 ¥184,400
説明書・データシート・ベクター情報
Mate & Plateライブラリーは、すぐにツーハイブリッド解析に使用できる酵母Y187株(接合型 MATα)形質転換済みのcDNAライブラリーである。Mate & Plateライブラリーと、既知のbaitタンパク質を発現する接合型MATaの酵母 Y2HGold株やAH109株を共に培養して接合させ、選択培地に蒔くだけで、簡単に相互作用スクリーニングを開始できる。Mate & Plateライブラリーには100万個以上のクローンが含まれている。ヒト、マウスの各組織に由来するcDNAライブラリーのほか、ノーマライズドライブラリーを多数取り揃えている。
Matchmaker Gold Yeast Two-Hybrid System(製品コード 630489)とMate & Plateライブラリーシリーズを組み合わせることで、より簡便にツーハイブリッドスクリーニングを行うことができる。(Mate & Plateライブラリーシリーズは、Matchmaker Two-Hybrid System 3(販売終了)のAH109株とのツーハイブリッドにも使用できる。)

なお、Mate & Plateライブラリーシリーズ中に利用したいライブラリーがない場合は、Make your Own “Mate & Plate” Library System(製品コード 630490)を用いてオリジナルのMate & Plateライブラリーを作製する。


図1. "Mate & Plate"プロトコールによる接合スクリーニング
既知のタンパク質を発現するbaitベクターで形質転換済の酵母Y2HGold株と、Mate & Plateライブラリーを混合して一晩培養し接合を行う。培養後、選択培地に蒔いて相互作用を示す陽性クローンを選択する。

内容

・Library culture in S. cerevisiae Y187 1 ml×5
(ライブラリーはpGADT7-Rec、またはpACT2にクローニングされています。)
・pGADT7-T in S. cerevisiae Y187

保存

-70℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ