Matchmaker™ 哺乳類細胞 アッセイキット

  • 迅速で簡便な解析法
  • 改良型のKit 2では分泌型アルカリホスファターゼ(SEAP)をレポーターに採用しているため、細胞溶解が不要
  • 哺乳類細胞でタンパク質-タンパク質間相互作用を容易に確認可能
  • 相互作用ドメインを特定
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 630305 Z0305N Matchmaker™ Mammalian Assay Kit 2
1 Set ¥122,600
説明書・データシート・ベクター情報
Matchmaker Mammalianアッセイキットでは、細胞に3種類のプラスミドをコトランスフェクションして、SEAPアッセイ(製品コード 630305)を行うことにより、哺乳類細胞におけるin vivoのタンパク質-タンパク質間相互作用を検証する。
タンパク質-タンパク質間相互作用が哺乳類細胞内で行われるため、タンパク質はよりネイティブな状態に近いコンフォメーションをとり、翻訳後修飾を受けることが期待される。従って、本アッセイによる実験結果は生物学的に重要な相互作用を反映している可能性が高いと考えられる。
Matchmaker MammalianアッセイはMatchmaker Two-Hybrid Systemと同じ原理(DNA-BDとADの融合タンパク質として2つのタンパク質を発現)に基づいており、タンパク質が相互作用するときにのみpG5プラスミド上のSEAPレポーター遺伝子の転写が活性化される(図1)。2つのタンパク質間の相互作用は、SEAPアッセイによって検出できる(Great EscAPe SEAP Chemiluminescence Kit 2.0;製品コード 631736などを利用)。

図1. Matchmaker Mammalian Two-Hybridアッセイの手順

図2. Matchmaker Mammalian Assay Kit 2を用いて検出したHEK 293細胞におけるp53とSV40 large T-antigenとの相互作用
各プラスミドをコトランスフェクトしたHeLa細胞で、化学発光基質を用いてSEAP活性を測定した。pM-53とpVP16-Tは、相互作用するタンパク質をコードする陽性対照ベクターである。pVP16-CPはネガティブコントロールベクターである。

内容

Matchmaker Mammalian Assay Kit 2
(製品コード 630305)
・pM DNA-BD Vector
・pVP16 AD Vector
・pG5SEAP Reporter Vector
・pM3-VP16 AD Control Vector
・pM-53 DNA-BD Control Vector
・pVP16-T AD Control Vector
・pVP16-CP AD Control Vector

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ