iDimerize™ システム概要

  • 低分子化合物を用いてタンパク質間相互作用を自在に制御
  • ホモダイマー化システム、ヘテロダイマー化システム、ダイマーの解離システムを用意
  • 有償ライセンスの取得は不要
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635068 Z5068N iDimerize™ Inducible Homodimer System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥188,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635067 Z5067N iDimerize™ Inducible Heterodimer System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥188,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635066 Z5066N iDimerize™ Reverse Dimerization System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥188,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632622 Z2622N B/B Homodimerizer
  • ライセンス
25 mg×4 ¥1,200,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

iDimerize Systemは、動物培養細胞内において任意のタイミングで目的タンパク質の会合または解離を起こすことができるARGENT技術*を利用した製品である。本製品を用いることにより、タンパク質間の相互作用のコントロールが可能となり、タンパク質相互作用が細胞機能に与える影響を解析することができる。

本システムでは、Dimerizerと呼ばれるリガンド(細胞膜透過性の低分子化合物)に結合するドメイン領域を目的タンパク質との融合タンパク質として細胞内で発現させ、Dimerizerの添加によってタンパク質間の相互作用のコントロールを行う。
低分子化合物Dimerizerには、2つの同じドメインへの結合部位を持つB/B Homodimerizer、2つの異なるドメインへの結合部位を持つA/C Heterodimerizer、会合しているタンパク質間の解離を誘導するD/D Solubilizer(Reverse dimerizer)の3種類がある。B/B Homodimerizerは、2つの同じタンパク質間の会合を起こすiDimerize Inducible Homodimer Systemで使用し、A/C Heterodimerizerは2つの異なるタンパク質間の会合を起こすiDimerize Inducible Heterodimer Systemで使用する。また、D/D Solubilizerは、会合させた状態の目的タンパク質を解離させるiDimerize Reverse Dimerization Systemで使用する。

* ARGENT技術は、米国ARIAD Pharmaceuticals, Inc.が所有する、目的タンパク質間の相互作用をコントロールするための技術である。すでに2000以上の研究機関で使用され、400報を超える論文が発表されている。

iDimerize論文紹介

iDimerize Inducible Homodimer System

Homodimer Systemは、目的タンパク質をDmrBドメインとの融合タンパク質として細胞内で発現させ、リガンドB/B Homodimerizerの添加により、その会合(ダイマー化)を起こすことができるシステムである。 システムに含まれるB/B HomodimerizerにはDmrBドメイン結合部位が2ヵ所あり、DmrB融合タンパク質を会合させることができる(図1)。

iDimerize Inducible Homodimer System
図1. iDimerize Inducible Homodimer System

iDimerize Inducible Heterodimer System

Heterodimer Systemは、2種類の異なるタンパク質を、DmrAドメインとの融合タンパク質、DmrCドメインとの融合タンパク質としてそれぞれ発現させ、リガンドA/C Heterodimerizerの添加により、それらの会合を引き起こすことができるシステムである。A/C Heterodimerizerには、DmrAドメインおよびDmrCドメインへの結合部位があり、DmrA融合タンパク質とDmrC融合タンパク質を会合させることができる(図2)。

iDimerize Inducible Heterodimer System
図2. iDimerize Inducible Heterodimer System

iDimerize Reverse Dimerization System

Reverse Dimerization Systemでは、目的タンパク質をDmrDドメインとの融合タンパク質として発現させることにより、細胞内においてDmrDドメインがダイマーを形成する。リガンドD/D Solubilizerを添加することにより、その解離が起こる(図3)。

iDimerize Inducible Expression System
図3. iDimerize Inducible Expression System

内容

iDimerize Inducible Homodimer System(製品コード 635068)
・pHom-1 Vector
・pHom-Mem1 Vector
・Linear Hygromycin Marker(製品コード 631625)
・Linear Puromycin Marker(製品コード 631626)
・B/B Homodimerizer

iDimerize Inducible Heterodimer System(製品コード 635067)
・pHet-1 Vector
・pHet-Mem1 Vector
・pHet-Nuc1 Vector
・Linear Hygromycin Marker(製品コード 631625)
・Linear Puromycin Marker(製品コード 631626)
・A/C Heterodimerizer(製品コード 635057)

iDimerize Reverse Dimerization System(製品コード 635066)
・prHom-1 Vector
・prHom-Nuc1 Vector
・prHom-Sec1 Vector
・Linear Hygromycin Marker(製品コード 631625)
・Linear Puromycin Marker(製品コード 631626)
・D/D Solubilizer(製品コード 635054)

iDimerize Inducible Expression System(製品コード 635065)
・pZFHD1-1 Vector
・pHet-Act1-1 Vector
・pHet-Act2-1 Vector
・Linear Hygromycin Marker(製品コード 631625)
・Linear Puromycin Marker (製品コード 631626)
・A/C Heterodimerizer(製品コード 635057)

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ