リガンドの添加で目的遺伝子の発現を誘導

iDimerize™ Inducible Expression System

  • ARGENT技術を利用した便利な発現誘導システム
  • 有償ライセンスの取得は不要
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635065 Z5065N iDimerize™ Inducible Expression System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥188,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635057 Z5057N A/C Heterodimerizer
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
500 μl ¥59,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635056 Z5056N A/C Heterodimerizer
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
500 μl×5 ¥239,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635055 Z5055N A/C Heterodimerizer
  • ライセンス
5 mg ¥417,200
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

iDimerize Inducible Expression Systemは、細胞膜透過性の低分子化合物 A/C Heterodimerizer の添加により目的遺伝子の誘導発現を行うことができるARGENT技術*を利用したシステムである。

* ARGENT技術は、米国ARIAD Pharmaceuticals, Inc.が所有する、目的タンパク質間の相互作用をコントロールするための技術である。すでに2000以上の研究機関で使用され、400報を超える論文が発表されている。

iDimerize論文紹介

ヘテロダイマー化と転写活性の獲得

システムに含まれるpHetベクター*からは、DmrCドメインが融合した転写因子活性化ドメイン(DmrC-AD)と、3つのタンデムなDmrAドメインが融合したDNA結合ドメイン(DmrA-DBD)が発現される。DmrC-ADとDmrA-DBDにはそれぞれ核移行シグナルが含まれるため、これらのタンパク質は核内に移行する。リガンドA/C Heterodimerizerには、DmrC結合部位とDmrA結合部位が存在するため、A/C Heterodimerizerの添加によりDmrC-ADとDmrA-DBDがヘテロダイマー化した活性型転写因子となり、pZFHD1-1ベクター上の転写因子結合部位(PZI-1)を上流にもつ目的遺伝子が発現される。
* システムはpHet-Act1-1ベクターとpHet-Act2-1ベクターを含む。pHet-Act2-1のADにはHSF1 ADが付加されているため、より強力な転写活性を示す。

目的遺伝子の誘導発現

pZFHD1-1ベクターは、PZI-1プロモーター下で目的遺伝子の誘導発現を行うベクターである。PZI-1プロモーターは、12個連続のZFHD1結合配列と最小IL-2プロモーターから構成されている。A/C Heterodimerizer 存在下でヘテロダイマーの活性型転写因子が形成されると、ZFHD1結合配列に結合し、その下流にクローニングされた目的遺伝子が発現される(図1)。
pZFHD1-1ベクターと、pHet-Act1-1またはpHet-Act2-1ベクターの二重安定発現株を取得することで、A/C Heterodimerizer量依存的に目的遺伝子の発現量をコントロールできる誘導発現システムを構築することができる。
Transcription activation component:DmrCドメインとNFκBのp65サブユニット由来の転写活性化ドメインの複合体
DNA binding component:3つのタンデムなDmrAドメインとDNA結合ドメイン(ZFHD1)の複合体
Inducible promoter component (PZI-1):12個連続のZFHD1結合配列と最小IL-2プロモーターから構成される。ZHFD1が結合することで目的タンパク質の発現が誘導される

iDimerize Inducible Expression System
図1. iDimerize Inducible Expression System
iDimerize Inducible Expression Systemは、ARIAD社からARGENT製品として発売されていた発現誘導システムと同一の製品である。製品に含まれる各構成品の対応については下表で確認できる。
ARIAD製品 リガンド名称Clontech製品 リガンド名称
AP21967A/C Heterodimerizer
ARIAD製品 プラスミド名称Clontech製品 プラスミド名称
pC4N2-RHS/ZF3
pC4N2-RHS3H/ZF3
pZ12I-PL-2
pHet-Act1-1
pHet-Act2-1
pZFHD1-1
ARIAD製品 ドメイン名称Clontech製品 ドメイン名称
F, F’
FRB
DmrA
DmrC
表1. ARIAD製品とClontech製品の各構成品の対応リスト

内容

iDimerize Inducible Expression System(製品コード 635065)
・pZFHD1-1 Vector
・pHet-Act1-1 Vector
・pHet-Act2-1 Vector
・Linear Hygromycin Marker(製品コード 631625)
・Linear Puromycin Marker (製品コード 631626)
・A/C Heterodimerizer(製品コード 635057)

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ