遺伝子発現誘導システム

iDimerize™ Regulated Transcription System

  • ARGENT技術による遺伝子発現誘導システム
  • リガンドの用量依存的な発現量の調節が可能
  • 有償ライセンスが不要
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635081 Z5081N iDimerize™ Regulated Transcription System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥188,500
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635057 Z5057N A/C Heterodimerizer
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
500 μl ¥59,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635056 Z5056N A/C Heterodimerizer
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
500 μl×5 ¥239,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635055 Z5055N A/C Heterodimerizer
  • ライセンス
5 mg ¥417,200
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

iDimerize Regulated Transcription Systemは、細胞膜透過性の低分子化合物 A/C Heterodimerizerの培地への添加により、目的遺伝子の誘導発現を非常に厳密に行うことができるARGENT技術を利用したシステムである。
ARGENT技術は、米国ARIAD Pharmaceuticals, Inc.が所有する、目的タンパク質間の相互作用をコントロールするための技術である。すでに2,000以上の研究機関で使用され、400報を超える論文が発表されている。

iDimerize論文紹介

システム原理

iDimerize Regulated Transcription Systemは、2種類のベクターとリガンドA/C Heterodimerizerから構成されている。pHet-Act1-2ベクターは、DmrC/transcriptional activator(DmrC/TA;DmrCドメインと転写因子活性化ドメインの融合タンパク質、図1中、黄色で示す)及びDmrA/DNA binding domain(DmrA/DB;Dmr-AドメインとDNA結合ドメインの融合タンパク質、図1中、緑色で示す)を発現する。目的遺伝子はpZFHD1-2ベクターのPZI-1 promoter下流にクローニングされる。
非誘導時には、核移行シグナル(NLS)を持つDmrA/DBとNLSを持たないDmrC/TAはそれぞれ、細胞内で核と細胞質に分かれて存在しているため、活性型転写因子は形成されず目的遺伝子の発現は誘導されない。しかし、A/C Heterodimerizer(図1、赤色で示す)を添加するとDmrA/DBとDmrC/TAが結合、二量体化し活性型転写因子を形成する。活性型転写因子はDmrA/DBが持つNLSにより核へと移行し、PZI-1 promoterに結合して目的遺伝子の発現を誘導する(図1)。

図1. iDimerize Regulated Transcription Systemの概要

A/C Heterodimerizer (AP21967)

A/C Heterodimerizerは細胞膜透過性の低分子化合物で、DmrAドメインとDmrCドメインの二量体化の誘導に用いられる。本システムにおいては、A/C Heterodimerizerの添加によりDmrA-融合DNA結合ドメインとDmrC-融合転写因子活性化ドメインの二量体化が誘導され、活性型転写因子が形成される。なお、A/C HeterodimerizerはARIAD社から提供されていたAP21967と同一の化合物である。


図2. A/C Heterodimerizer (AP21967) の化学構造式


図3. iDimerize Regulated Transcription Systemを用いたルシフェラーゼの転写調節
ホタルルシフェラーゼ遺伝子をpZFHD1-2ベクターにクローニングし、pHet-Act1-2ベクターと共にHEK293細胞へコトランスフェクトした。細胞は各濃度のA/C Heterodimerizerによって処理し、24時間後に誘導された遺伝子の発現量をルミノメーターで測定した。 RLU=Relative Light Units


図4. iDimerize Regulated Transcription Systemを用いたSEAP遺伝子の転写調節
iDimerize Regulated Transcriptionシステムを用いてHT1080細胞での分泌型アルカリフォスファターゼ(SEAP)レポーター遺伝子の発現を調節した。A/C Heterodimerizer非添加時は、目的遺伝子の発現は確認出来なかった。


図5. ベクターマップ
左:pHet-Act1-2ベクター、右:pZFHD1-2ベクター
なお、ARIAD社からARGENT製品として発売されていた発現誘導システムと同一製品であるiDimerize Inducible Expression Systemは、こちら。

内容

iDimerize Regulated Expression System(製品コード 635081)
・pHet-Act1-2 Vector
・pZFHD1-2 Vector
・pZFHD1-2 Control Vector
・A/C Heterodimerizer(製品コード 635057)

保存

-20℃

用途

・リガンド用量依存的な目的遺伝子の発現調節
・細胞死を促進する遺伝子、細胞周期を阻害する遺伝子、または他の毒性遺伝子の機能解析

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ