蛍光タイマーベクター(DsRedバリアントベクター)

  • プロモーターによる調節をin vivoでリアルタイムに分析
  • 発生過程におけるプロモーター活性の変化を検出
  • さまざまな細胞系譜におけるプロモーター活性を可視化
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632402 Z2402N pTimer Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクター大幅ディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥70,400
¥29,500
2017/10/16~
2017/10/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632403 Z2403N pTimer-1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクター大幅ディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥70,400
¥29,500
2017/10/16~
2017/10/31

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。


製品説明

プロモーター活性の研究には、時間経過に伴い色調が緑から赤にシフトする蛍光タイマータンパク質Living Colors Fluorescent Timerを使用する(1、2)。この色調の変化を利用すれば、生体内のどこでプロモーターが活性化されるか、どのタイミングで不活性化するかなど、プロモーター活性のタイムフレームを可視化できる。

プロモーター活性を簡単にキャラクタライズ

Fluorescent Timerは2つのアミノ酸置換を含むDsRed蛍光レポーターの変異体である。この変異は蛍光強度を高めると同時に、色彩が変化するという特異なスペクトル特性を賦与している。蛍光の色彩はFluorescent Timerが成熟するのに従い、数時間のうちに緑から赤に変化する。なお、成熟に要する時間は使用する発現系により異なる。Fluorescent Timerは合成の直後から緑色の蛍光を放射し始めるが、時間が経過するにつれて蛍光色素が変化し、蛍光が長波長側へとシフトする。そして、完全に成熟したタンパク質では鮮やかな赤色を発するようになる。タンパク質の色のシフトは予測可能であることから、遺伝子発現の開始から終結までの経過を追跡するために使用できる(例えば、胚形成や細胞分化の間など)。

pTimerベクター

主に、蛍光タイマーcDNAの供給源として使用する。

pTimer-1ベクター

プロモーターレスタイプのベクターである。蛍光タイマータンパク質をコードする配列の上流にあるマルチクローニングサイトに、プロモーターあるいはプロモーター/エンハンサー配列を挿入し、プロモーターからの転写をモニターする。機能を有するプロモーターが挿入されない場合、本ベクターは蛍光タイマータンパク質を発現しない。

図1. 蛍光タイマーベクター

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ