不安定化蛍光タンパク質ベクター

  • 遺伝子発現の動的解析に適した半減期の短い変異体
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632423 Z2423N pDsRed-Express-DR Vector
  • ライセンス
20 μg ¥100,800
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632422 Z2422N pHcRed1-DR Vector
  • ライセンス
20 μg ¥70,400
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632428 Z2428N pZsGreen1-DR Vector
  • 取寄
  • ライセンス
20 μg ¥70,400
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

不安定化蛍光タンパク質(FP-DR)は、代謝回転率が速く、半減期が短いという特徴を有している。他の蛍光タンパク質と同様に、ヒトのコドンに合わせて最適化されており、標準的蛍光タンパク質と同じスペクトル特性を備えている。不安定化蛍光タンパク質ベクターはFP-DRを搭載した哺乳類細胞用のプロモーターレスベクターで、FP-DR配列の上流のマルチクローニングサイトに、プロモーターやプロモーター/エンハンサーを挿入して使用する。本ベクターを用いることで、制御プロモーターによる一過性のmRNA転写動態の正確な測定、発生段階の遺伝子発現の観察、シス制御エレメントの検討などが行える。FP-DRは蛍光顕微鏡で直ちに観察したり、フローサイトメトリーを用いて容易に解析することができる。また、発現しても過剰に蓄積しないため、安定形質転換細胞株の樹立にも適している。

FP-DR変異体は、蛍光タンパク質のC末端にマウスオルニチンデカルボキシラーゼ(MODC)の一部を融合させて構築した。この領域にはタンパク質を分解に導くPESTドメインが存在するため、タンパク質の半減期を大幅に短縮する(1)。不安定型変異体はPEST配列を介する分解経路が存在するあらゆる生物の細胞で使用可能である。

図1. 不安定化蛍光タンパク質ベクター

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ