DD蛍光タンパク質レポーターシステム(ProteoTunerタイプ)

  • 非誘導時のバックグラウンドを低減させることで、非常に高いS/N比を実現
  • 検出が容易な蛍光タンパク質を用いたプロモーター活性測定システム
  • DD (Destabilization Domain)融合レポーターを用いた新しい手法
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632190 Z2190N DD-tdTomato Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632191 Z2191N DD-AmCyan1 Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632192 Z2192N DD-ZsGreen1 Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631079 Z1079N NFκB DD Green Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631081 Z1081N NFκB DD Red Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631083 Z1083N NFκB DD Cyan Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631085 Z1085N CRE DD Green Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631087 Z1087N CRE DD Red Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631089 Z1089N CRE DD Cyan Reporter System
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
  • ライセンス
1 Set ¥126,700
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631073 Z1073N DD Monoclonal Antibody
50 μl ¥34,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

DD-FP (Fluorescent Protein) Reporter Systemは、非誘導時のバックグラウンドの低減と広いダイナミックレンジを両立するプロモーターアッセイシステムである。レポーター遺伝子に高輝度蛍光タンパク質(AmCyan1、tdTomato、ZsGreen1)を採用し、さらに非誘導時のバックグラウンドを抑えるために、タンパク質の安定化/安定化制御技術であるProteoTunerシステムを採用することで、これまで困難と考えられていた低バックグラウンドと広いダイナミックレンジの両立を実現している。

本システムでは、N-末端側に不安定化ドメイン (DD : Destabilization Domain)を融合して蛍光タンパク質レポーターを発現する。DD融合蛍光タンパク質はプロテアソームにより迅速に分解されるため、レポーターアッセイを開始するまでのリークに由来するバックグラウンドを大幅に低減させることができる。また、ここに膜透過性の低分子化合物リガンドであるShield1を添加すると、DDタグにShield1が結合し、DD融合蛍光タンパク質を分解から保護することができる(図1) (1)。したがって、目的の誘導物質を細胞に添加する際にShield1を同時に加えることで、プロモーターを活性化させる時のみにDD融合蛍光タンパク質レポーターを安定化させることができる。これにより、プロモーター非活性時のリークを抑制し、さらにプロモーター活性時に合成されるほとんどの蛍光タンパク質レポーター分子をシグナルとして検出することができるため、他の一般的なレポーターシステムよりも非常に高いS/N比と広いダイナミックレンジを実現することができる。

レポーターシステム応答配列用途レポーター遺伝子
DD-FP(ブランク)任意の応答配列を用いたレポーターアッセイtdTomato, AmCyan1, ZsGreen1から選択可
NFkB-DD-FPNFκBNFκB応答配列を用いたシグナル伝達系の解析
CRE-DD-FPCRECRE応答配列を用いたシグナル伝達系の解析

内容

DD Fluorescent Protein Reporter Systems
(製品コード 632190/632191/632192)
・Promoterless DD Fluorescent Reporter Vector (tdTomato/AmCyan1/ZsGreen1)
・Shield1

NFκB DD Fluorescent Protein Reporter Systems
(製品コード 631079/631081/631083)
・NFκB Promoter DD Fluorescent Reporter Vector (tdTomato/AmCyan1/ZsGreen1)
・Shield1

CRE DD Fluorescent Protein Reporter Systems
(製品コード 631085/631087/631089)
・CRE Promoter DD Fluorescent Reporter Vector (tdTomato/AmCyan1/ZsGreen1)
・Shield1

図1. ProteoTuner SystemによるDDタグ融合タンパク質の安定化/不安定化の制御概要
不安定化ドメイン(DD:destabilization domain, 12 kDa)を融合した蛍光タンパク質は、プロテアソームにより迅速に分解される。しかし、膜透過性の低分子化合物Shield1を培地中に添加すると、Shield1はDDタグに結合して、DD融合蛍光タンパク質をプロテアソームの分解から保護する。
DD-Fluorescent Protein Reporter Systemでは、プロモーター活性化前にリークにより生じたDD融合蛍光タンパク質がプロテアソームにより迅速に分解されるため、非誘導時のバックグラウンドを強力に抑えることができる。



図2. 従来法よりも高いS/N比を示すDD蛍光タンパク質レポーターシステム
HEK 293細胞に、各レポーター遺伝子(CRE-tdTomato, CRE-DD-tdTomato, CRE-ZsGreen1, CRE-DD-ZsGreen1)をそれぞれコードするプラスミドを一過性にトランスフェクトした。24時間後、各細胞を10 μMのフォルスコリンと1 μMのShield1で同時に処理した。さらに4.5時間後、フローサイトメトリーを用いて蛍光強度を測定し、それぞれの誘導倍率を求めた。その結果、DDタグを融合した蛍光タンパク質は、DDタグを持たないものと比較して、tdTomatoの場合には約3倍、ZsGreen1の場合には約6倍の高い誘導倍率を示すことが確認できた。

保存

-20℃

用途

  • レポーターアッセイ
  • NFκBやCRE応答配列を用いたシグナル伝達系の解析

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ