mCherry 蛍光タンパク質ベクター

  • mRFPへ変異導入された赤色蛍光タンパク質
  • 目的タンパク質との融合発現やプロモーター活性のモニタリング、バクテリアでの発現などに利用可能
  • mCherry Monoclonal AntibodyおよびDsRed MonoclonalおよびPolyclonal Antibodyにより検出可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 632522 Z2522N pmCherry Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥89,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632523 Z2523N pmCherry-N1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥89,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632524 Z2524N pmCherry-C1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥89,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632525 Z2525N pmCherry-1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥89,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632542 Z2542N pmR-mCherry Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
20 μg ¥89,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632567 Z2567N pRetroQ-mCherry-C1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
10 μg ¥115,400
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 632568 Z2568N pRetroQ-mCherry-N1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
10 μg ¥115,400
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631969 Z1969N pEF1α-mCherry-N1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
10 μg ¥90,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 631972 Z1972N pEF1α-mCherry-C1 Vector
  • クロンテック蛍光タンパク質ベクターディスカウントキャンペーン
  • ライセンス
10 μg ¥90,600
¥29,500
2017/09/20~
2017/09/29

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。


製品説明

mCherryは蛍光を発するまでの時間が非常に短い赤色単量体蛍光タンパク質であり、転写後すぐに検出が可能である。さらに、蛍光が安定でレーザー光照射下でも退色しにくい。また、ヒトアクチン、チューブリン他いくつかの遺伝子との融合発現が確かめられており(図1)、mCherryやその融合タンパク質はArabidopsis(1)、ゼブラフィッシュ(2)、E. coli(3)、HIVビリオン(4)、および酵母(5)での使用例が報告されている。蛍光共鳴エネルギー伝達(FRET)のような定量性の要求される実験にも使用例(6)がある。また、フローサイトメーターにより異なるレベルでmCherryを安定発現するHEK 293細胞株は元のHEK 293細胞と同様の増殖能を示し、細胞死などの影響は確認されなかった。
目的タンパク質のN末あるいはC末にmCherryを融合して発現するためのベクター(mCherry-C1など)、細菌で使用するほか、遺伝子供給源としても利用できるベクター(pmCherry)、プロモーター活性を研究するためのプロモーターレスベクター(pmCherry-1)、miRNAと蛍光タンパク質を1つの転写物として発現するベクター(pmR-mCherry)、ウイルス発現系のベクター(pretroQ-mCherry-C1など)などさまざまなベクターを用意している。
mCherryの検出には、mCherry Monoclonal Antibody(製品コード 632543)、DsRed Monoclonal Antibody(製品コード 632392、632393)、DsRed polyclonal Antibody(製品コード 632496)が利用可能である。

蛍光タンパク質の特性

蛍光タンパク質a 色調 励起極大波長
(nm)
蛍光極大波長
(nm)
構造 量子収率*a モル吸光係数
(M-1cm-1*b
蛍光強度*c 推奨フィルターセット*d
mCherry red 587 610 単量体 0.22*e 72,000*e 15,840 C.T. 49008;Omega XF102-2
*a : Unless otherwise specified (see footnotes f and g), the Relative Quantum Yield of each fluorescent protein (QFP) was determined using the following equation : QFP = (Qfluo* FFP* ODfluo) / (Ffluo* ODFP), where F is the fluorescence and OD is the optical density of either the fluorescent protein (FP) or the reference fluorophore (fluo).
*b : Unless otherwise specified (see footnotes f and g), the Molar Extinction Coefficient (ε) for each protein was determined as follows: A = εcl (Beer-Lambert law) or ε = A/c, where A = absorbance, c = concentration (determined by the Bradford Protein Assay), l = path length (1 cm). Each molar extinction coefficient was determined at the absorption maxima of its respective protein.
*c : Brightness = (Quantum Yield) (Extinction Coefficient)
*d : C.T.= Chroma Technologies
*e : Shaner, N. C. et al. (2004) Nature Biotechnol. 22(12):1567-1572.

図1. mCherry融合タンパク質
mCherryをヒトアクチン(パネルA)またはチューブリン(パネルB)と融合し、哺乳類発現ベクターにクローニング後、HeLa細胞にリポソーム法を用いて導入した。細胞は形質転換36時間後に4%のパラホルムアルデヒドで固定し、Zeiss Axioskop顕微鏡、575/50、610、640/50 フィルターセットを用いて観察を行った。

図2. mCherry蛍光タンパク質融合ベクターのベクターマップ
左:N末端融合蛍光タンパク質ベクター、右:C末端融合蛍光タンパク質ベクター

関連製品

CherryPicker Cell Capture System
CherryPicker Cell Capture & Separation Systemは目的タンパク質をmCherryとの融合タンパク質として膜に提示させることにより、目的タンパク質を発現している細胞を同定・分離するキットである。FACSソーターにかかる時間やコストを削減することができる。これらのキットにより、目的タンパク質を発現している細胞や活性化プロモーターをもつ細胞を濃縮できる。

miRNA発現ベクター(蛍光タンパク質レポータータイプ)
pmR-mCherryおよびpmR-ZsGreen1各ベクターは3’-UTR領域にmiRNA配列のクローニングサイト(MCS)を持ち、強力なCMVプロモーターからmiRNAと蛍光タンパク質を一つの転写物として発現する。マーカーである蛍光タンパク質にはmCherryまたは蛍光強度の強いZsGreen1を採用しており、細胞へのトランスフェクション効率を容易に確認できる。また、形質転換された細胞集団中のmiRNAの発現状況を蛍光強度によってモニターしたり選抜を行うこともできる。

pmR-mCherryとpmR-ZsGreen1 Vector
パネルA:ベクターマップ
パネルB:miRNAとmCherry(赤)もしくはZsGreen1(緑)を発現するベクターを用いて細胞をトランスフェクトした。

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ