フコースの結合を識別

α1,2-L-Fucosidase

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 4451 4451 α1,2-L-Fucosidase
  • 取寄
  • バルクなど特別対応可能
2 U ¥46,000
説明書・データシート・ベクター情報

仕様変更のお知らせ

本製品はlot. N104AAより、製品仕様が変更になりましたのでご注意ください。
・形状が凍結乾燥品から溶液品に変更になりました。
・酵素の保存温度が4℃以下から-20℃に変更になりました。

保存

-20℃(凍結融解のくり返しは避ける。必要に応じて小分け分注し、-20℃保存)

系統名

α-L-Fucoside fucohydrolase

酵素番号

3.2.1.51

由来

Corynebacterium sp.

反応

糖鎖中のα1,2-L-フコシド結合を特異的に切断する。

天然基質に対する作用

22-α-L-fucosyl lactose(Fucα1-2Galβ1-4Glc)およびporcine gastric mucin由来のオリゴ糖からL-Fucoseを遊離させることが確認されている。また、反応速度は非常に遅いがα1,6-フコシド結合をもつバイアンテナN-アセチルラクトサミン型糖鎖(製品コード 4109)にも作用してL-Fucoseを遊離させる1)。(■基質特異性 参照)

形状

溶液品(0.5 mM EDTA、0.025%アジ化ナトリウムを含む50 mMリン酸カリウム緩衝液[pH8.0])

濃度

20 U/ml

活性の定義

37℃、pH8.5においてp-Nitrophenyl-α-L-fucosideから1分間に1μmolのp-Nitrophenolを遊離させる酵素活性を1 Uとする。

活性測定法

0.7 mMのp-Nitrophenyl-α-L-fucosideを基質として、90 mMリン酸ナトリウム緩衝液、pH8.5中、37℃で10分間反応を行った後、0.25 M炭酸ナトリウム溶液を加えて反応を止める。反応液の405 nmにおける吸光度から酵素活性を算出する。

一般的性質

分子量: 約43,000
ミカエリス定数: Km=4.7×10-5M(p-NP-α-L-fucopyranoside)
阻害剤: Ag+、Hg2+、Cu2+
至適pH: pH8.5(37℃、10 min)(図1)
至適温度: 34℃(pH8.5、10 min)(図2)
pH安定領域: pH5.5~9.5(25℃、60 min)(図3)
熱安定領域: 26℃以下(pH8.0、60 min)(図4)
図1 pH-活性曲線 図2 温度-活性曲線 図3 pH-安定性曲線 図4 温度-安定性曲線

基質特異性

基  質 加水分解(%) 比活性
(mU/mg)
相対
活性
(%)
1mU/
1pmol
(20min)
30mU/
1pmol
(63hr)
PA-Sugar Chain 049(製品コード 4149)
100 100 52 100
PA-Sugar Chain 045(製品コード 4145)
0 0 0 0
PA-Sugar Chain 044(製品コード 4144)
0 0 0 0
PA-Sugar Chain 043(製品コード 4143)
45 100 0.78 1.5
PA-Sugar Chain 046(製品コード 4146)
0 0 0 0
PA-Sugar Chain 009(製品コード 4109)
0 100 0.0032 0.006
PA-Sugar Chain 005(製品コード 4105)
0 0 0 0

純度

1.残存Protease活性
本酵素2 mUと酸化インスリンB鎖4 nmolとを、100 mMトリス塩酸緩衝液(pH8.0、最終液量150 μl)中にて37℃、16時間反応させた反応液を、逆相系HPLCで分析(検出:A215)した結果、基質(酸化インスリンB鎖)以外のピークを認めなかった。

2.残存Endoglycosidase活性
本酵素50 mUとピリジルアミノ化オリゴマンノース型糖鎖(M6、製品コード 4118)100 pmolとを、100 mM酢酸緩衝液(pH5.0、最終液量10 μl)中にて37℃、16時間反応させた反応液を、逆相系HPLCで分析(検出:蛍光Ex:320 nm、Em:400 nm)した結果、基質(糖鎖)以外のピークを認めなかった。

3.残存Exoglycosidase活性
本酵素20 mUと各基質500 nmolとを、100 mM酢酸ナトリウム緩衝液(pH5.0、最終液量500 μl)中にて37℃、16時間反応させた後、1 M炭酸ナトリウムで反応を停止し、405 nmにおける反応液の吸光度を測定した結果、吸収を認めなかった。
(使用基質)
p-NP-α-D-Galactoside
p-NP-β-D-Galactoside
p-NP-α-D-Mannoside
p-NP-β-D-Xyloside
p-NP-β-N-Acetylglucosaminide
p-NP:p-nitrophenyl)

4.残存α1,3-L-Fucosidaseおよびα1,4-L-Fucosidase活性
本酵素600 mUと各基質20 pmolとを、30 mMリン酸緩衝液(pH7.0、最終液量10 μl)中にて37℃、63時間反応させた反応液を、逆相系または順相系HPLCで分析(検出:蛍光Ex:320 nm、Em:400 nm)した結果、基質(糖鎖)以外のピークを認めなかった。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ