フコースの結合を識別

α-1,3/4-L-Fucosidase

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 4453 4453 α-1,3/4-L-Fucosidase
  • バルクなど特別対応可能
100 μU ¥46,000
説明書・データシート・ベクター情報

保存

4℃

系統名

α-L-Fucoside fucohydrolase

酵素番号

3.2.1.51

由来

Streptomyces sp.142

反応

糖鎖中のα-1,3およびα-1,4フコシド結合を特異的に切断する1)

形状

溶液凍結品〔0.1 M NaCl、0.1% Brij 58、0.02%アジ化ナトリウムを含む50 mMリン酸カリウム緩衝液(pH6.0)〕

濃度

1 mU/ml

活性の定義

37℃、pH6.0において、PA-lacto-N-fucopentaose III(PA-Sugar Chain 045;製品コード 4145)から1分間に1μmolのPA-lacto-N-neotetraoseを生成する酵素活性を1 Uとする。

活性測定法

2μMのPA-Lacto-N-fucopentaose III[糖鎖2(表1参照)]を基質として、30 mMリン酸カリウム緩衝液pH6.0中、37℃で20分間反応を行った後、1%トリフルオロ酢酸溶液40μlを加えて反応を止める。反応液をHPLCで分析し、生成物のピーク面積から酵素活性を算出する。

一般的性質

分子量: 約40,000
ミカエリス定数: Km=10.1 μM(表1, 基質1)
Km=1.08 μM(表1, 基質2)
至適pH: pH6.0(表1, 基質2)
pH安定領域: pH4.5~7.0(37℃、60 min)
安定化剤: 0.1%NP 40、0.1%Brij 58、0.02%BSA

基質特異性

合成基質(p-Nitrophenyl-α-L-fucoside)には全く作用しない。
表1
No. 基  質 比活性
(mU/mg)
相対活性
(%)
1 PA-Sugar Chain 044(製品コード 4144)
819.2 100
2 PA-Sugar Chain 045(製品コード 4145)
460.9 56.3
3 PA-Sugar Chain 046(製品コード 4146)
68.5 8.36
4 0.106 0.01
5 Sialyl Lex
0.101 0.01
6 PA-Sugar Chain 005(製品コード 4105)
201.3 24.6
7 PA-Sugar Chain 049(製品コード 4149)
0 0
8 PA-Sugar Chain 043(製品コード 4143)
0 0
9 PA-Sugar Chain 048(製品コード 4148)
0 0
10 PA-Sugar Chain 009(製品コード 4109)
0 0

純度

Protease, β-GlcNAcase, α-Galactoside, β-GalNAcase, β-Galactoside, α1-2Fucosidase, α-Mannoside, Sialidase, β-Xyloside
以上について全て検出限界以下であることを確認している。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ