糖タンパク質研究の必須アイテム

Cloned Glycopeptidase F(Peptide:N-glycosidase F)

  • ●反応用バッファー添付
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 4450 4450 Glycopeptidase F(Peptide:N-glycosidase F)
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
  • バルクなど特別対応可能
25 mU ¥25,000
説明書・データシート・ベクター情報

仕様変更のお知らせ

本製品はlot. K1008ABより、製品仕様が変更になりましたのでご注意ください。
・酵素の保存温度が4℃から-20℃に変更になりました。

保存

-20℃
ただし融解後は4℃保存(凍結融解を繰り返さない)

酵素名

Peptide-N4-(N-acetyl-β-glucosaminyl)-asparagine amidase

酵素番号

3.5.1.52

由来

Escherichia coli carrying the plasmid including Glycopeptidase F gene

反応

N-グリコシド型糖鎖とタンパク質との結合部位(GlcNAc-Asn結合)を特異的に切断する。
還元末端のGluNAcにフコースがα1-3結合している糖鎖以外は、糖鎖部分の構造にかかわりなく切断する。

形状

溶液品(50 mM EDTAおよび0.05%アジ化ナトリウムを含む20 mMリン酸ナトリウム緩衝液[pH7.2])

濃度

500 mU/ml

活性の定義

37℃、pH8.6においてdansyl-fetuin glycopeptideから1分間に1 μmolのdansyl-fetuin deglycosylated peptideを生成する酵素活性を1 Uとする。

活性測定法

50 μM Dansyl-fetuin glycopeptideを基質として、0.1 Mリン酸カリウム緩衝液pH8.6中、37℃で15分間反応を行った後、95℃で2分間加熱して反応を止める。反応液をHPLCで分析し、反応生成物のピーク面積から酵素活性を算出する。

添付試薬

・Denature buffer
・Native buffer
・Stabilizer solution
・Control glycoprotein

:1% SDS/1 M Tris-HCl(pH8.6)
:1 M Tris-HCl(pH8.6)
:5% Nonidet P-40
:10 mg/ml Bovine fetuin

一般的性質

・分子量 約36,500(SDS-PAGE)
(注)ホスト菌株のアミノ末端Cleavage siteの違いにより、組換え体はnative体に比べ、15~18アミノ酸分長いとされている。

・至適pH pH8.6

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ