核酸調製用の試料を室温保存

Sample Protector for RNA/DNA

  • 組織、細胞中の核酸を安定に保存
  • 核酸の品質を保持して、室温または4℃で試料を長期間保存
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 9750 9750 Sample Protector for RNA/DNA
  • New
100 ml ¥14,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

本製品は、動植物組織、培養細胞、酵母、バクテリアなどの試料を核酸抽出用に保存しておくための毒性のない溶液状の保存用試薬である。動植物の組織および細胞などを採取してすぐにSample Protector for RNA/DNA中に浸漬することにより、核酸の質と量を損なうことなく保存することができる。Sample Protector for RNA/DNAを使用することにより、組織サンプルをただちに核酸抽出したり、液体窒素で凍結させた後に-80℃で保存する必要がなくなる。

保存

4℃

使用方法

  1. Sample Protector for RNA/DNAへの浸漬
    組織試料を厚さが5 mm以下となるように切り、新鮮な状態で0.5~1 mlのSample Protector for RNA/DNAを加えて浸漬する。
    培養細胞、酵母、バクテリアの場合には、遠心操作などにより細胞を回収し、PBSなどで洗浄後、Sample Protector for RNA/DNAを加えて浸漬する。
    Sample Protector for RNA/DNAは、新鮮な試料に用いる場合のみ有効である。 Sample Protector for RNA/DNAに浸漬する前には、決して組織を凍結させない。
  2. 試料の保存
    37℃で1日、25℃で1週間、4℃で1ヵ月間保存できる。さらに長期間の保存の場合には、Sample Protector for RNA/DNAを加えて室温で1時間放置後、-20℃で保存する。
  3. 核酸抽出
    Sample Protector for RNA/DNAに保存していた組織を滅菌済みピンセットなどで溶液から取り出し、PBSなどで1~2回洗浄する。その後は適当な精製キットなどを使用して核酸を精製できる。
    細胞などの場合は、5,000×g以上で5分間(または12,000×gで1分間)遠心して、細胞を沈殿させて、上清を取り除き、PBSなどで1~2回洗浄する。その後は精製キットなどを使用して核酸を精製できる。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ