Exo-free Klenow Type

Random Primer DNA Labeling Kit Ver.2

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR 6045 6045 Random Primer DNA Labeling Kit Ver.2
  • バルクなど特別対応可能
30回 ¥27,500
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

[α-32P]、[3H]dCTPを用いてDNAをラベルし、ハイブリダイゼーション用のDNAプローブを作製するためのキットである。FeinbergとVogelsteinの方法に改良を加えたもので、簡単な操作で高比放射活性のDNAプローブが作製できる。さらに、Random Primer DNA Labeling Kit Ver.2では、3'→5'exonuclease活性を除去したExo-free Klenow Fragmentと9 merのRandom Primerを組み合わせることで、1×109 dpm/μgの高比活性プローブを短時間(10分以内)で得ることを可能とした。

内容

(30回分)
1. Random Primer(9 mer)60 μl
2. 10×Buffer75 μl
3. dNTP Mixture75 μl
4. Exo-free Klenow Fragment(2 U/μl)30 μl
5. Control DNA(λ-Hind III Fragment 25 ng/μl)10 μl

保存

-20℃

注意

  • 本製品は反応にrandom primerを用いているため、300 bp以下の鋳型DNAを使用すると取り込み率が低下したり、十分な長さのプローブが得られない場合があります。鎖長の短い(特に150 bp以下)鋳型DNAを使用する場合は、MEGALABEL(製品コード 6070)を用いた末端標識をお勧めします。
  • GC含量が高い鋳型DNAあるいは高次構造をとりやすい鋳型DNAを使用すると、高次構造の影響で取り込み率が低下することがあります。そのような場合は、高温で反応できるBcaBEST Labeling Kit(製品コード 6046)の使用をお勧めします。
図1 Random Primer DNA Labeling Kit Ver. 2でのプローブの比活性と反応時間
テンプレートとしてλ-Hind III 断片25 ngを使用

ランダムプライマーDNAラベリング法について

ハイブリダイゼーション法によりDNA中に存在する特異的配列を検出する際には、非常に高い比放射活性を持つDNAプローブが必要である。
このDNAプローブ作製のために用いられるDNA標識法としては、従来はニックトランスレーション法が主に用いられていたが、このニックトランスレーション法には、次のような欠点があることが知られている。
1.放射性物質の取り込み率が比較的低い。
2.長時間の反応を行うと、DNA Polymerase I のexonuclease活性によりすでに取り込まれた放射性物質が遊離し、取り込み率が低下する。
3.鋳型となるDNAが高純度であることが必要である。
4.反応後に未反応の放射性dNTPを除去する必要がある。
1983年にFeinberg, A. P. とVogelstein, B. により発表されたランダムプライマーとKlenow Fragmentを用いてDNAの標識を行う方法は、これらの欠点を持たないDNA標識法である(表1)。その原理を図2に示した。鋳型DNAを熱変性により一本鎖DNAとし、この一本鎖DNAに対しランダムプライマーをアニールさせた後、Klenow Fragmentを用いて相補鎖合成を行う。このとき、dNTPの一つあるいは複数に〔α-32P〕〔α-35S〕〔3H〕等の標識化合物を用いると、合成される相補鎖が標識される。この相補鎖を熱変性により一本鎖とし、ハイブリダイゼーションプローブとして用いることができる。

表1 DNA標識法の比較

ニックトランスレーション法 ランダムプライマーDNAラベリング法
反応時間
および
反応モニター
長時間の反応により取り込み率が低下する。このため反応モニターを行い、取り込み率を測定する必要があ る。 短時間で高非活性プローブが得られる。また、長時間の反応を行っても取り込み率は低下しない。
プローブの比活性 ~108 dpm/μg ~109 dpm/μg
鋳型DNA中の不純物の影響 アガロース等の混入によって反応が阻害される。 アガロース等の混入によってほとんど阻害されない。
鋳型DNA量 1 μg程度 25 ng
反応後の処理 ゲルろ過による未反応dNTPの除去が必要。 反応液から未反応dNTPの除去をすることなくハイブリダイゼーションに用いることができる。


図2 ランダムプライマーによるDNA標識の原理

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ