エンドトキシンフリーのプラスミドDNA精製

NucleoBond® PC EF

  • エンドトキシンフリーグレードのプラスミドDNAの精製
  • 精製DNAに含まれるエンドトキシン量は<0.1 EU/µg DNA
  • エンドトキシン除去に追加反応を必要としないため、短時間で処理可能
  • 最適化バッファーにより効果的にエンドトキシンを除去
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740550 U0550A NucleoBond® PC 500 EF
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
10回 ¥45,200
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740549 U0549A NucleoBond® PC 2000 EF
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
5回 ¥48,300
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740548 U0548A NucleoBond® PC 10000 EF
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
5回 ¥86,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740594 U0594A NucleoBond® PC Prep 100
  • 取寄
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
1回 ¥252,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

NucleoBond PC EFシリーズは細胞へのトランスフェクションなどに最適なエンドトキシンフリーのプラスミドDNAを調製できる陰イオン交換カラムである。エンドトキシンはグラム陰性細菌細胞壁の主要成分(lipopolysaccharide, LPS)であり、哺乳動物の免疫システムを極めて効果的に刺激する。エンドトキシンを低濃度に抑えることは、in vivo実験を行う場合、特に重要である。しかしLPSは負電荷を帯びており、DNAと同じ挙動を示すため、従来のプラスミドDNA精製法では少量のLPSが混入したDNAが得られる。NucleoBond PC EFシリーズでは、エンドトキシン混入量を極めて低く抑えることができる。

 NucleoBond PC 500 EFNucleoBond PC 2000 EFNucleoBond PC 10000 EFNucleoBond PC Prep 100
原理陰イオン交換クロマトグラフィー法
形状自然落下型カラム
Maxi
自然落下型カラム
Mega
自然落下型カラム
Giga
Preparative Scale
HPLC、FPLCに接続可能
ライセートの清澄化Folded filtersBottle top filtersFolded filters, Sieving fabric
推奨する大腸菌培養液量30~150 ml150~500 ml500~2,000 ml5~20 L
プラスミドDNAサイズ<300 kb
回収量450~520 μg500~2,000 μg2,000~10,000 μg80~100 mg
A260/2801.80~1.95
エンドトキシンレベル<0.1 EU/μg DNA
精製時間100分150分180分20時間
結合容量500 μg2,000 μg10,000 μg100 mg

内容

・Resuspension Buffer S1-EF
・Lysis Buffer S2-EF
・Neutralization Buffer S3-EF
・Equilibration Buffer N2-EF
・Wash Buffer N3-EF
・Wash Buffer N4-EF
・Elution Buffer N5-EF
・Redissolving Buffer TE-EF
・H2O-EF(70%エタノール用)
・H2O-EF(再溶解用)
・RNase A(凍結乾燥品)
・NucleoBond AX 500/2000/10000 Columns
・NucleoBond AX Prep 100 Column(PC Prep 100のみ)
・NucleoBond AX 100 Columns(PC Prep 100のみ)
・Sieving Fabric(PC Prep 100のみ)
・NucleoBond Folded Filters(PC 500 EF、PC Prep 100のみ)
・NucleoBond Bottle Top Filters(PC 2000 EF、PC 10000 EFのみ)
・Plastic Washers(PC 500 EF、PC 2000 EFのみ)

保存

室温

キット以外に必要な試薬

・イソプロパノール
・96~100%エタノール
・氷

操作手順

用途

  • 大腸菌からの高コピープラスミドDNAの精製
  • 培養細胞への形質転換などに適したエンドトキシンフリーのプラスミドDNAを調製
NucleoBondはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ