プラスミドミニプレップ:11分で迅速精製

NucleoSpin® Plasmid QuickPure

  • わずか11分でシーケンスグレードのプラスミドDNAを調製
  • わずか4ステップの簡単操作
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 740615.10 U0615S NucleoSpin® Plasmid QuickPure
  • 取寄
10回 ¥4,200
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740615.50 U0615A NucleoSpin® Plasmid QuickPure
50回 ¥10,500
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740615.250 U0615B NucleoSpin® Plasmid QuickPure
250回 ¥36,700
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

NucleoSpin Plasmid QuickPureはプラスミドミニプレップ用の製品で、迅速性を重視する場合に最適である。
特別に処理された新型メンブレンを使用したミニスピンカラムと専用バッファーにより、1ステップで洗浄と乾燥が行えるため、従来製品比で30%の時間短縮が可能である。11分以内にシーケンスグレードのプラスミドDNAを得ることができる。

原理シリカメンブレン法
形状ミニスピンカラム
推奨する大腸菌培養液量1~3 ml
プラスミドDNAサイズ<15 kb
回収量<15 μg
A260/2801.80~1.85
溶出液量50 μl
精製時間11分
結合容量15 μg

内容

・Resuspension Buffer A1
・Lysis Buffer A2
・Neutralization Buffer A3
・Wash Buffer AQ
・Elution Buffer AE
・RNase A(凍結乾燥品)
・NucleoSpin Plasmid QuickPure Columns
・Collection Tubes

キット以外に必要な試薬、器具(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具
・1.5 mlマイクロチューブ
・ピペットチップ(滅菌済)
・ピペット
・微量高速遠心器
・ヒートブロック

保存

室温
(RNase Aを添加したBuffer A1は4℃で保存する。6ヵ月間安定)
※Buffer A2にはSDSが含まれているため、20℃以下で保存すると、沈殿が生じることがある。
沈殿が生じた場合は、30~40℃で数分間、ボトルを保温し、混合して溶解した後に使用する。

操作手順

用途

  • 高コピープラスミドの小スケール迅速ミニプレップ
  • グラム陽性菌からのプラスミド調製(サポートプロトコール)
  • 調製プラスミドはシーケンス、クローニング、形質転換などに使用可能
NucleoSpinはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ