磁性ビーズを用いたPCR産物のハイスループット精製

NucleoMag® 96 PCR

  • クロスコンタミネーションリスクを低減
  • 少量で溶出可能(≧25 μl)
  • 回収率は溶出液量に依存しない
  • 手動または自動化装置に対応
  • 回収DNAは直接シーケンスなどに利用可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
MNA 744100.1 U4100A NucleoMag® 96 PCR
  • 取寄
96 well ¥16,000
値下げしました(2016/10/17) 説明書・データシート・ベクター情報
MNA 744100.4 U4100B NucleoMag® 96 PCR
  • 取寄
96 well×4 ¥56,000
値下げしました(2016/10/17) 説明書・データシート・ベクター情報
MNA 744100.24 U4100C NucleoMag® 96 PCR
  • 取寄
96 well×24 ¥270,000
値下げしました(2016/10/17) 説明書・データシート・ベクター情報
MNA 740481 U0481A Square-well Block
  • 取寄
4個 ¥6,500
MNA 740481.24 U0481B Square-well Block
24個 ¥34,400
MNA 744900 U4900A NucleoMag® SEP
1個 ¥98,000
説明書・データシート・ベクター情報
MNA 744901 U4901A NucleoMag® SEP Mini
1個 ¥36,500

製品説明

NucleoMag 96 PCRは、多数のPCR産物を同時に精製できるため、時間、コスト面で有用なツールである。PCR産物はNucleoMag PCRビーズに選択的に結合し、プライマー、dNTP、酵素、塩類などの不純物が効率よく除去される。精製PCR産物は低イオン条件下でビーズから溶出され、直接シーケンスなどの実験に利用可能である。また、磁性ビーズ技術はDNAサンプルの移し替えを必要としないため、サンプル間コンタミネーションを低減することができる。
NucleoMagは、簡単に自動化装置に応用可能である。

原理磁性ビーズ法
形状高反応性超常磁性ビーズ(ビーズ粒径:1~3 μm)
操作手動または自動化装置
サンプル量<50 μl PCR反応液
精製サイズ150 bp~10 kb
回収率80~95%
A260/2801.7~1.9
溶出液量25~100 μl
精製時間30~45分
結合容量約0.3 μg/1 μlビーズ

内容

・NucleoMag P-Beads
・Binding Buffer MP1
・Wash Buffer MP2
・Wash Buffer MP3
・Elution Buffer MP4
・Elution plate U-bottom

本製品以外に必要な試薬、機器(主なもの)

試薬
・96~100%エタノール

器具類
・Square-well Block(製品コード 740481/740481.24)
・NucleoMag SEP(製品コード 744900)

以下のマグネットプレートも使用できる。
マグネットプレート対応Separation plate
MagnaBot(Promega社)96-well microtiter plate (Greiner、No. 650101)
Te-MagS(Tecan社)96-well PCR plate (ABgene、No. AB 0407)

保存

室温

操作手順

用途

  • 手動または自動化装置によるPCR産物のハイスループット精製(≧150 bp)
  • 精製DNAはシーケンスに使用可能
NucleoMagはマッハライ・ナーゲル社の登録商標です。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ