骨形成マーカー・骨吸収マーカー測定に

Osteocalcin EIA Kit (for Pig)

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR MK139 MK139 Pig Gla-Osteocalcin EIA Kit
96回 ¥110,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK149 MK149 Pig Glu-Osteocalcin EIA Kit
96回 ¥110,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK021 MK021 Wash and Stop Solution for ELISA without Sulfuric Acid
96 well plate×5 plates分 ¥9,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK950 MK950 Personal Microplate Washer
一式 ¥240,000
説明書・データシート・ベクター情報

実験操作動画はこちら

製品説明

オステオカルシン(Osteocalcin:OC)は、分子中にγ-カルボキシグルタミン酸(Gla)を2~3残基含むアミノ酸49残基、分子量約5,900のビタミンK依存性カルシウム結合非コラーゲン性タンパク質として知られている。骨芽細胞でのみ産生されることから、骨芽細胞特異マーカーであり、特にGla型オステオカルシンは骨形成の指標となっている。

骨格形成において、幼生動物の成長期の動的骨形成は「モデリング」(新規構築)と呼ばれており、成長期を過ぎた成動物では見かけ上骨形態変化が見られず安定な状態を保っているが、ある一定の割合で常に骨の入れかえが行われており、これは「リモデリング」(再構築)と呼ばれている。
骨粗しょう症治療薬の薬効判定においては、モデリング時期とリモデリング時期を対象とした2種の動物モデルを設定することが必要とされている。モデリング動物はマウス・ラットといったげっ歯類が一般的であり、リモデリング動物はサルやミニブタが対象動物として使用されることが多く、将来的な治療薬の開発および薬剤効果判定の検討には必須の実験対象である。

Pig Gla-Osteocalcin EIA Kit(製品コード MK139)は、骨結合能を有したブタのGla型オステオカルシン(活性型オステオカルシン)を特異的かつ高感度に測定できる定量キットである。捕捉用抗体(プレート固定化抗体)として、オステオカルシンの17位Gla残基を特異的に認識するモノクローナル抗体をプレートに固相化し、ブタオステオカルシン検出用モノクローナル抗体を標識抗体として組み合わせている。

Pig Glu-Osteocalcin EIA Kit(製品コード MK149)は、ブタ骨組織から破骨細胞保有酵素等により溶出した脱炭酸オステオカルシンや、または骨芽細胞から産生され、カルボキシル化を受けなかったGlu型のオステオカルシン(不活性型オステオカルシン)を特異的かつ高感度に測定できる定量キットである。捕捉用抗体(プレート固定化抗体)として、オステオカルシンの21および24位Glu残基を特異的に認識するモノクローナル抗体をプレートに固相化し、ブタオステオカルシン検出用モノクローナル抗体を標識抗体として組み合わせている。

Pig Gla-Osteocalcin EIA KitとPig Glu-Osteocalcin EIA Kitを用いてブタの活性型(Gla型)オステオカルシンと低カルボキシ化(Glu型)オステオカルシンを同時に測定し、Gla/Glu型の相対評価を行うことで骨形成と骨吸収を同時にモニタリングすることが可能である。

内容

Pig Gla-Osteocalcin EIA Kit(製品コード MK139)
1.抗Gla-OCモノクローナル抗体コーティングプレート1 plate(96 well:8 well×12 strips)
2.ペルオキシダーゼ標識 抗Pig-OCモノクローナル抗体(凍結乾燥品)11 ml用
3.標準品(Pig Gla型オステオカルシン全長合成ペプチド)(凍結乾燥品)1 ml用
4.検体希釈液11 ml×2
5.基質液(TMBZ:3, 3', 5, 5'テトラメチルベンジジン)12 ml

Pig Glu-Osteocalcin EIA Kit(製品コード MK149)
1.抗Glu-OCモノクローナル抗体コーティングプレート1 plate(96 well:8 well×12 strips)
2.ペルオキシダーゼ標識 抗Pig-OCモノクローナル抗体(凍結乾燥品)11 ml用
3.標準品(Pig Glu型オステオカルシン全長合成ペプチド)(凍結乾燥品)1 ml用
4.検体希釈液11 ml×2
5.基質液(TMBZ:3, 3', 5, 5'テトラメチルベンジジン)12 ml

保存

4℃

原理

プレコートタイプ2ステップ・サンドイッチEIA法
サンドイッチEIA法

性能


MK139MK149
測定範囲1.0~64.0 ng/ml0.5~32.0 ng/ml
検出感度1.0 ng/ml0.5 ng/ml
特異性ブタ活性型(Gla型)オステオカルシンを特異的に認識するブタ不活性型(Glu型)オステオカルシンを特異的に認識する
反応交差性ウシ*1、ラット*2ウシ*1、ラット*2
測定時間2時間30分
検 体血清、血漿、尿、細胞培養上清、細胞抽出液
*1本製品はウシ抗原とわずかに交差反応することから、ウシ血清含有培地が添加された培養サンプルの場合は測定が妨害されるため、無血清培地への交換が必要である。
*2本製品はラット抗原とはわずかに交差反応するが、感度が低いため、ラットサンプルの測定には適さない。ラットサンプルの場合は、Rat Gla-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit(製品コード MK126)、Rat Glu-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit(製品コード MK146)の使用を推奨する。

備考:各動物種に対する推奨キット

タカラバイオではオステオカルシン測定用EIAキットを各種取り揃えている。
使い分けを以下に示す。

由来動物種製品名
(製品コード)
測定対象として最適な動物検体
血清検体尿検体
ヒト
(Gla)
Gla-Type Osteocalcin (Gla-OC) EIA Kit
(MK111)
ヒト、ウシ、ウサギ、イヌ、ヒツジ、ヤギ、サル いずれの動物でも測定不可*

* 2つの抗体が認識するエピトープが離れているため、フラグメント化されたGla-OCは検出できない。
Human Gla-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit
(MK128)
ヒト、サル
マウス
(Gla/Glu)
Mouse Gla-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit
(MK127)
マウス未確認
Mouse Glu-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit
(MK129)
ラット
(Gla/Glu)
Rat Gla-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit
(MK126)
ラット未確認
Rat Glu-Osteocalcin High Sensitive EIA Kit
(MK146)
ブタ
(Gla/Glu)
Pig Gla-Osteocalcin EIA Kit
(MK139)
ブタブタ
Pig Glu-Osteocalcin EIA Kit
(MK149)

オステオカルシンのアミノ酸配列

オステオカルシンアミノ酸配列

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ