Polyclonal Anti-N-cadherin

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR M142 M142 Anti-N-cadherin, Polyclonal
  • バルクなど特別対応可能
0.4 mg ¥55,000
説明書・データシート・ベクター情報
N型カドヘリンは、胚の神経組織、心筋、間充織等で発現しており、発生・分化にともなって局所的な増減が観察され、神経組織等の構築を調節していると考えられている。

製品説明

ヒトN-cadherinの細胞内配列(808-827)部分ペプチド[RMDERPIHAEPQYPVRSAAP]-KLH複合体を免疫原として得られたウサギポリクローナル抗体
特異性
ヒトN-cadherinと反応する。
N-cadherinによる細胞間接着を阻害しない。

内容

ポリクローナル抗体(凍結乾燥品) 0.4 mg

輸送

室温以下

保存

4℃
復元後(2.0 mg/ml)は必要に応じて分注し-20℃保存で1年、もしくは防腐剤を加えて4℃で6ヵ月をめどに使用する。

製法

ウサギ抗血清をアフィニティー精製して得たIgG画分を、1% BSA含有10 mM PBS(pH7.4)に溶解後、凍結乾燥。

抗体の復元

純水200 μlに溶解する(2.0 mg/ml、防腐剤を含まない)。

希釈液

20 mM TBS(pH7.5)
1.0% ウシ血清アルブミン
0.1% アジ化ナトリウム
10 mM 塩化カルシウム

交差反応

マウス、ウシ、トリN-cadherinと反応する。
ヒトEおよびP-cadherinとは反応しない。

用途

パラフィン包埋切片および凍結切片での免疫組織染色(5~10 μg/ml)、細胞組織抽出物を用いた非還元非加熱条件でのウェスタンブロッティング(5~10 μg/ml)

使用上の注意

カドヘリン抗原安定化のために抗原抗体反応液中に10mM塩化カルシウム等カルシウムイオンを共存させてください。このとき希釈液にPBSを用いると沈殿が生じるので必ずTBSを使用して下さい。なお、パラフィン切片やアセトン固定を行った凍結切片の免疫組織染色を行う場合はカルシウムイオンを共存させる必要はありません。

関連資料

ウェスタンブロッティング実験ハンドブック
ダウンロード(1.52 MB)



免疫組織化学染色法実験ハンドブック
ダウンロード(1.58 MB)

タンパク質実験の製品選択が簡単! フローチャート検索をぜひご活用ください。

タンパク質 発現・抽出・精製
タンパク質 定量・電気泳動・ウェスタンブロッティング

免疫組織染色を簡単に!

免疫組織化学染色試薬TaKaRa POD Conjugateシリーズ
実験操作動画

豊富なラインナップから素早く検索!

抗体検索サイト

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ