トランスファクターキット(化学発光)

  • 転写因子STAT3またはNFATc1を化学発光法で特異的に測定
  • 特定の転写因子経路の阻害および促進の研究
  • 迅速かつ手軽なフォーマット
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 631955 Z1955N TransFactor NFATc1 Chemiluminescent Kit (2 Plates)
96回×2 ¥145,200
説明書・データシート・ベクター情報
転写因子STAT3およびNFATc1とDNAの結合活性を研究するためTransFactor Kitsである。この2つの転写因子は、シグナル伝達経路で機能する主要な創薬ターゲットである。複数のサンプルを1回の実験で分析できるので、この経路における阻害または活性化を研究する際の手軽なツールとして利用できる。各キットには迅速かつ高感度なELISAに基づいたアッセイで特定の転写因子を検出するために必要な試薬が用意されており、化学発光法で検出を行う(1)。

複数のサンプルを1回の実験で解析

転写因子STAT3およびNFATc1は重要な生理的および病理的過程を制御するシグナル伝達経路において主要な役割を果たす。STAT3はサイトカインによって活性化されたJAK-STAT経路においてシグナル伝達を行い、細胞の増殖および分化に関して重要な役割を果たす(2)。STAT3が異常に高レベルの場合は、多くの場合、悪性疾患と関連性がある。NFATc1はCa2+/カルシニュリン経路で作用するが、心筋および骨格筋の発達にだけでなく、炎症反応および免疫反応において中心的役割を果たす(3)。TransFactor STAT3およびNFATc1Kitは、複数のサンプルを同時に解析できることから、この経路の阻害および活性化に関する研究の促進を目的に設計された。異なる細胞株または異なる刺激に対する応答の違いを、核、全細胞または細胞質抽出液を用いて解析できる。


図1. 高感度な酵素免疫測定法により転写因子活性を測定するTransFactor Kit

保存

製品添付のCertificate of Analysisの記載に従って、適切に保存してください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ