アポトーシスによる断片化DNAを検出

ApopLadder Ex™
(Apoptotic DNA Fragments Extraction Kit)

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR MK600 MK600 ApopLadder Ex™
  • 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  • 安全データシート(SDS)添付
  • バルクなど特別対応可能
24回 ¥32,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

アポトーシスは、クロマチンDNAのヌクレオソーム単位(185 bp)での断片化が起こることが必須条件とされている。本製品は特殊界面活性剤を含むLysis buffer、酵素試薬、DNA沈殿剤、Loading bufferからなるキットで、この断片化DNAを培養細胞から選択的に抽出することができる(エタノール沈殿処理まで2.5時間の所要時間)。本製品を使用することにより、妨害となるインタクトクロマチンの混入を最小限に抑え、より高感度なladderingの検出が可能となる。
また、ApopLadder Exと蛍光色素(SYBR Green I;製品コード 5760A, 5761A)とを組み合わせることにより、断片化DNAの定量も可能となる。

内容

(24回分)
1. Lysis buffer1.2 ml×4
2. 10% SDS solution0.48 ml
3. Enzyme A0.48 ml
4. Enzyme B0.48 ml
5. Precipitant1.04 ml×3
6. 6×Loading buffer0.48 ml

保存

-20℃

原理

アポトーシスを起こした細胞をlysis bufferで処理した後、遠心分離し、上清を得ることにより、断片化DNAをインタクトクロマチンから分離する。この上清を酵素試薬で処理することにより不純物であるタンパク質とRNAを分解した後、DNA沈殿剤を用いて断片化DNAを分離する。

関連資料

おすすめの細胞培養ツール
ダウンロード(539 KB)

注意

本製品は、サンプルとして培養細胞を用いるように設定しています。
本製品を用いて組織からのDNA抽出は行えません。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ