Kinase Detection Kits

  • キナーゼ活性の検出により、アポトーシス細胞をスクリーニング
  • ラジオアイソトープを使用しない、簡便、迅速な手法
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
PCI PK-CA577-K431 D25202 JNK Activity Detection Kit
  • 取寄
  • 毒物
  • 安全データシート(SDS)添付
40回 ¥108,900
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA577-7021 D25411 L-JNKI1 Negative Control Peptide
  • 取寄
50 μl ¥29,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA577-7001 D25407 c-Jun (1-79)-GST Fusion Protein
  • 取寄
100 μg ¥34,500
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA577-7011 D25410 L-JNK Peptide Inhibitor I
  • 取寄
50 μl ¥36,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA577-7003 D25408 GSK-3a-GST Fusion Protein
  • 取寄
100 μg ¥34,500
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA577-7004 D25409 GSK-3b, human, recombinant
  • 取寄
100 μg ¥100,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA577-1701 D25399 Akt Inhibitor
  • 取寄
1 mg 終売 終売日:2017/02

製品説明

JNKキナーゼやAktキナーゼなどのプロテインキナーゼの活性化はアポトーシスや他の生理学的および病理学的プロセスにおいて重要な役割を果たしている。PromoKineでは、ラジオアイソトープを使用せず、JNKキナーゼ活性測定を簡便に行うことができる製品を用意している。

JNK Activity Detection Kit(製品コード PK-CA577-K431)

JNK Activity Detection Kitは、JNKキナーゼ活性を測定するキットである。 まず、JNKキナーゼに特異的な抗体を用いた免疫沈降によって、細胞ライセートからJNKキナーゼを分離する。その後、組換え体c-Junを基質としてキナーゼ反応を行い、JNKキナーゼ活性を測定する。c-Junのリン酸化はphospho-c-Junに特異的な抗体を用いてウェスタンブロッティングにより検出する。本製品はJNKキナーゼ活性を特異的に検出し、他のキナーゼ活性は検出しない。
内容
 Kinase Extraction Buffer
毒物(毒劇法)JNK Specific Antibody
 Protein A Sepharose
c-Jun Protein/ATP Mixture
Kinase Assay Buffer
毒物(毒劇法)Phospho-c-Jun Specific Antibody
保存
-20℃

関連製品

JNKキナーゼ、Aktキナーゼ等の活性型キナーゼ 、キナーゼ抗体、キナーゼ基質、活性剤、阻害剤、コントロール細胞ライセートが用意されている。
Active Kinases
Kinase Substrates
Kinase Inhibitors
Kinase Antibodies

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ