生細胞・死細胞同時染色キット

  • 生細胞と死細胞を同時に検出
  • 強い蛍光強度
  • 迅速かつ簡便な操作
  • 一般的な励起光源およびフィルターセットで検出可能な励起スペクトルと蛍光スペクトル
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
PCI PK-CA707-30002 D25497 Live/Dead Cell Staining Kit II
300~1,000回 ¥56,100
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-30027 D25526 Bacteria Live/Dead Staining Kit
  • 取寄
100~1,000回 ¥63,600
詳細はこちらをご覧ください。

Live/Dead Cell Staining Kit II

Live/Dead Cell Staining Kit IIは2種類の色素を利用して生細胞と死細胞を染色するキットである。生細胞を染色するカルセイン-AMは、生細胞の細胞膜を透過し、生細胞が持つ細胞内エステラーゼによって加水分解され、細胞膜不透過性の緑色蛍光物質カルセイン(最大蛍光波長:515 nm)を生じる。死細胞を染色するエチジウムホモダイマーIII (EthD-III)は、死細胞の膜損傷部分から透過し、核内のDNAに入り込んで赤色蛍光(620 nm)を発する。
プロピジウムイオダイド(PI)などに比べ、EthD-IIIは安定で明るい蛍光シグナルを発する。カルセインとEthD-IIIはどちらも490 nmで励起されるため、生細胞と死細胞を蛍光顕微鏡で同時に観察することができる。一方、545 nmの励起波長を用いることにより、死細胞のみが観察できる。
本キットには蛍光顕微鏡や蛍光マイクロプレートリーダーで1,000回分、フローサイトメーターで300回分使用できる試薬が含まれている。


図1.Live/Dead Cell Staining Kit IIを用いた生細胞(緑色)と死細胞(赤色)の二重染色



図2.Live/Dead Cell Staining Kit IIのメカニズム

内容
・Calcein AM:4 mM Calcein AM in DMSO
・EthD-III      :2 mM EthD-III in DMSO/H2O 1:4(v/v)

保存
-20℃(密閉、乾燥、遮光保存)

Bacteria Live/Dead Staining Kit

Bacteria Live/Dead Staining Kitは、2種類の核酸染色色素 DMAOとEthD-IIIを用いて細菌の生菌(緑色)と死菌(赤色)を2色に染め分けることができるキットである。DMAOは膜損傷のない生菌と膜損傷のある死菌の両方を染色する緑色蛍光色素であり、EthD-IIIは膜損傷のある死菌のみを染色する赤色蛍光色素である。生菌を緑色に、死菌を赤色に染色できるよう、これら色素は適切に混合されている。本キットはほとんどの種類の細菌の生存率や毒性試験に適しており、また、蛍光顕微鏡でもフローサイトメーターでも使用可能である。
本キットには蛍光顕微鏡で1,000回分、フローサイトメーターで100回分の試薬が含まれている。
内容
・Component A:5 mM DMAO in DMSO
・Component B:2 mM EthD-III in DMSO

保存
-20℃(密閉、乾燥状態)(6ヵ月安定)
(注意)
・DMAOやEthD-IIIは変異原性や毒性に対するデータがないが、核酸に結合する色素であるため、使用の際には注意する。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ