脂溶性カルボシアニン色素

メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
PCI PK-CA707-60014 D25624 DiD (DiIC18(5))
  • 取寄
50 mg ¥23,800
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60010 D25620 DiI (or DiIC18(3))
  • 取寄
50 mg ¥21,800
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60018 D25628 DiI in vegetable oil
  • 取寄
0.5 ml ¥34,300
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60034 D25642 Dilinoleyl DiI
  • 取寄
5 mg ¥44,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60035 D25643 Dilinoleyl DiO
  • 取寄
5 mg ¥44,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60011 D25621 DiO (or DiOC18(3))
  • 取寄
50 mg ¥21,800
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60012 D25622 DiOC14(3), hydroxyethanesulfonate
  • 取寄
50 mg ¥21,800
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60038 D25646 DiOC16(3)
  • 取寄
25 mg ¥54,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60017 D25627 DiR (DiIC18(7))
  • 取寄
25 mg ¥29,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60016 D25626 Neuro-DiI
  • 取寄
25 mg ¥29,200
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60020 D25630 Neuro-DiI in vegetable oil
  • 取寄
0.2 ml ¥42,000
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60015 D25625 Neuro-DiO
  • 取寄
25 mg ¥39,600
詳細はこちらをご覧ください。
PCI PK-CA707-60019 D25629 Neuro-DiO in vegetable oil
  • 取寄
0.2 ml ¥39,600
詳細はこちらをご覧ください。

製品説明

長鎖炭化水素鎖をもつカルボシアニン色素は元来、組織標本の逆行性標識法による神経細胞のラべリングに使用されていた。現在これらは神経組織や培地中の浮遊細胞を標識するために広く使われている。カルボシアニン色素は蛍光色素の中では最も吸光係数が高く脂質二重層を強く蛍光染色するが、水相では基本的に非蛍光性または弱い蛍光を発するだけである。これらのスペクトル特性と長鎖疎水鎖のため、カルボシアニン色素は細胞膜染色に最適である。さらに細胞間の色素移動がほとんどなく、膜染色は非常に安定である。橙赤色蛍光のDiIおよび長波長誘導体のDiDとDiRはインドカルボシアニン色素のサブクラスに属しており、オキサカルボシアニン色素のサブクラスに属する緑色蛍光のDiOよりも広く使われている。DiOがDiIやその誘導体よりも溶けにくいことが、その主な理由である。Neuro-DiOは、この問題を解決した新たなDiO誘導体である。Neuro-DiOは488 nmのアルゴンレーザーで励起され、DiOよりも光安定性が高い優れた緑色蛍光膜染色色素である。さらに、2本の不飽和炭化水素鎖が色素の窒素と結合したジリノレイルカルボシアニン色素も利用可能である。ジリノレイルカルボシアニンは、飽和C18鎖をもつ一般的なカルボシアニン色素よりも側方拡散速度が速く、そのため、組織内のニューロンを標識するのに適している。

浮遊細胞のラべリングを簡便にするため、これらの蛍光色素を組み合わせたCytoplasmic Membrane Labeling Kitシリーズも販売している。

保存

室温、または4℃
保存温度は、製品により異なります。到着後は各製品指定の温度で保存してください。
各製品の詳細は、説明書(Instruction Manual)をご参照ください。
Instruction Manualは、上記の製品リストの特記事項欄「詳細はこちらをご覧ください」のリンクからダウンロードできます。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ