B型肝炎ウイルス表面抗原

  • 各種のB型肝炎ウイルス表面抗原(HBsAg)
  • 組換え酵母由来の遺伝子組換え抗原
  • 感染性がなく安全
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
BCL BCL-AG-01 BC007 HBsAg L-Protein (Recombinant)
  • 取寄
100 μg ¥80,000
データシート
BCL BCL-AGS-02 BC008 HBsAg L-Protein-ST type (Recombinant)
  • 取寄
100 μg ¥80,000
データシート
BCL BCL-AGX-02 BC009 HBsAg-XT type (Recombinant)
  • 取寄
100 μg ¥80,000
データシート
BCL BCL-DC-02 BC010 Bionanocapsule-ZZ
  • 取寄
100 μg ¥80,000
データシート

製品説明

HBsAg L-protein (Recombinant)
HBsAgの全ドメイン(S、Pre-S1、Pre-S2)を持つ抗原である。何れのドメインもそのドメインに対する抗体で認識されるため、HBsAgの万能抗原として利用可能である。また、B型肝炎ウイルスが保有する表面抗原と同じで、感染に重要と言われるPre-S1とPre-S2ドメインも提示しているため、B型肝炎ウイルスの感染メカニズムの研究にも最適である。

HBsAg L-protein-ST type (Recombinant)
HBsAg L-proteinと同じ、HBsAgの全ドメイン(S、Pre-S1、Pre-S2)を持つ抗原であるが、Sドメインは修飾されているため、通常のS抗原としては働かない。すなわち、本抗原は通常の抗HBsAg抗体では認識されず、自身が抗原となって抗HBsAg抗体を作らせることもしない。他ドメインはそのドメインに対する抗体で認識されるため、HBsAgのPre-S1とPre-S2に対する特異抗原として利用可能である。B型肝炎ウイルス感染者の抗体によって認識されないため、抗体によるトラップを回避しつつB型肝炎ウイルスの感染メカニズムを研究するために利用できる。

HBsAg-XT type (Recombinant)
S抗原活性の非常に高いHBsAgである。HBsAgとしてよく用いられるB型肝炎患者由来の典型的血清と比較すると、おおよそ3~5倍の高いS抗原活性を示す。本抗原はHBsAg定量時の標準抗原、抗体検出ELISA用の検出抗原、その他の用途に利用可能である。

Bionanocapsule-ZZ
本製品は抗体結合タンパク質を粒子表面に提示したバイオナノカプセル(BNC)である。本BNCは、抗体と混合するだけで結合するため、各種抗体の検出プローブとして利用可能である。また、細胞表面にあるレセプターなどに対する抗体を結合させることにより抗体依存的に細胞を認識し、封入した物資を細胞内に導入することができるため、BNC-ZZは細胞特異的抗体を用いることで各種細胞をターゲティングできるDDS(ドラッグデリバリーシステム)用素材としても利用可能である。

図. Bionanocapsule-ZZの構造

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ