POD標識二次抗体

TaKaRa POD Conjugateシリーズ

  • 吸収処理により、内因性グロブリン(Ig)とは反応しない
  • アビジン・ビオチン系を利用しないため、内因性ビオチンによる非特異反応がない
  • ストレプトアビジン・ビオチン法で行うブロッキング操作、二次抗体‐酵素試薬反応が不要
  • そのまま使用可能な濃度に調製済み
  • 便利なドロッパーボトル入り
免染試薬
TaKaRa POD Conjugate Set Anti Mouse, For Mouse Tissue(製品コード MK200)は一次抗体反応前後に添付のブロッキング試薬によるブロッキング操作が必要
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
TKR MK200 MK200 TaKaRa POD Conjugate Set Anti Mouse, For Mouse Tissue
  • 労働安全衛生法
  • 安全データシート(SDS)添付
60回 ¥40,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK201 MK201 TaKaRa POD Conjugate Anti Rat, For Mouse Tissue
60回 ¥18,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK202 MK202 TaKaRa POD Conjugate Anti Rabbit, For Mouse Tissue
60回 ¥18,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK203 MK203 TaKaRa POD Conjugate Anti Goat, For Tissue
60回 ¥18,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK204 MK204 TaKaRa POD Conjugate Anti Mouse, For Tissue
60回 ¥18,000
説明書・データシート・ベクター情報
TKR MK205 MK205 TaKaRa POD Conjugate Anti Rabbit, For Tissue
60回 ¥18,000
説明書・データシート・ベクター情報

実験操作動画はこちら

製品説明

本製品は、パラフィン包埋切片用の免疫組織化学染色試薬である。主な構成成分は、Fab’にフラグメント化した二次抗体とペルオキシダーゼ(POD)をアミノ酸ポリマーに結合した標識ポリマーで、そのまま使用可能な濃度に調製されている。
ストレプトアビジン・ビオチン(SAB)法と比較して、簡便な操作性で高感度、低バックグラウンドの明瞭な染色結果を得ることができる。
本製品はマウス組織専用(For Mouse Tissue)と組織一般用(For Tissue)に分かれている。マウス組織専用には、一次抗体の免疫動物種によりAnti Mouse、Anti Rat、Anti Rabbitの3種類、組織一般用には、Anti Goat、Anti Mouse、Anti Rabbitの3種類がある。中でも、TaKaRa POD Conjugate Set Anti Mouse, For Mouse Tissue(製品コード MK200)は、マウス組織にマウス一次抗体が使用できる特長的な製品である。

パンフレットもご覧ください。

【構造】
構造

製品ラインナップ

製品コード

製品名

対象組織

一次抗体
免疫動物種

MK200

TaKaRa POD Conjugate Set Anti Mouse, For Mouse Tissue

マウス

マウス

MK201

TaKaRa POD Conjugate Anti Rat, For Mouse Tissue

マウス

ラット

MK202

TaKaRa POD Conjugate Anti Rabbit, For Mouse Tissue

マウス

ウサギ
モルモット

MK203

TaKaRa POD Conjugate Anti Goat, For Tissue

一般の動物組織

ヤギ

MK204

TaKaRa POD Conjugate Anti Mouse, For Tissue

一般の動物組織

マウス

MK205

TaKaRa POD Conjugate Anti Rabbit, For Tissue

一般の動物組織

ウサギ
モルモット

内容

製品コード MK200(60回分)
1.Blocking Reagent A6 ml
2.Blocking Reagent B6 ml
3.TaKaRa POD Conjugate6 ml

製品コード MK201~MK205(60回分)
1.TaKaRa POD Conjugate6 ml

対象組織サイズ1 cm×1 cmに対して、1回あたり2滴の使用が標準である。(1滴あたり40~45 μl)

測定原理

【TaKaRa POD Conjugate(製品コード MK201~MK205)の反応】
TaKaRa POD Conjugateの反応
組織切片上の抗原に一次抗体を反応させた後、TaKaRa POD Conjugateを反応させると標識ポリマーが抗原・一次抗体と複合体を形成する。その複合体の酵素活性を利用して基質を発色させることにより、目的の抗原部位を染色する。


【TaKaRa POD Conjugate Set Anti Mouse, For Mouse Tissue(製品コード MK200)の反応】
TaKaRa POD Conjugate Set Anti-Mouse, For Mouse Tissueの反応
一次抗体反応前後にブロッキング試薬を用いることで、内因性マウスイムノグロブリン(Mouse Ig)との反応を阻害してバックグラウンド染色を抑制し、目的抗原のみを染めることができる。

保存

遮光、4℃

用途

本製品は、パラフィン包埋切片用の免疫組織化学染色用試薬である。
本製品で凍結切片を染色することも可能であるが、染色法の検討(最適化)が別途必要である。
本製品は研究用であり、診断目的には使用できない。

その他免疫染色に必要な試薬や器具(主なもの)

<器具>
・スライドガラス・乾燥機・タイマー
・染色用容器*1・洗浄用容器・スライドスタンド
・湿潤箱・カバーガラス・ティッシュペーパー
・光学顕微鏡
*1 ガラス製、プラスチック製等の容器で、透明で溶媒耐性のものを使用する。

ガラス製、プラスチック製等の容器

<試薬>
・キシレン ・95%エタノール
・PBS(洗浄用)・100%エタノール
・一次抗体 ・3%過酸化水素含メタノール*2
・基質溶液(DAB溶液、AEC溶液等)・陰性コントロール(一次抗体の免疫動物種の正常血清)
・対比染色試薬(ヘマトキシリン、メチルグリーン等)・組織切片用接着剤(必要に応じて)
・封入剤 ・精製水
・抗原賦活化液
*2 30%過酸化水素水をメタノールで10倍希釈する。用時調製。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ