各種失活処理後の残存活性

切断反応後の制限酵素を失活させるには、一般的に加熱処理が行われている。しかし、酵素によってその耐熱性が異なり、DNA変性温度を考慮すると制限酵素を完全失活させるには、加熱処理だけでは不充分な場合もある。
そこで、それぞれの酵素について4種の失活処理を行ってその残存活性を測定し、制限酵素完全失活条件を検討した。

1.60℃、15 min加熱処理    2.70℃、15 min加熱処理    3.エタノール沈殿処理    4.フェノール処理-エタノール沈殿処理

制限酵素 60℃, 15 min 70℃, 15 min エタノール沈殿 フェノール処理
Aat II NT
Acc I NT
Acc II NT
Acc III NT NT
Afa I
Afl II
Alu I NT
Aor13H I NT
Aor51H I NT NT
Apa I NT NT
ApaL I NT
Bal I
BamH I
Ban II NT NT
Bci T130 I
Bcn I NT
Bgl I NT
Bgl II
Bln I
BmeT110 I NT NT
BmgT120 I NT
Bpu1102 I
BspT104 I
BspT107 I NT NT
Bsp1286 I NT NT
Bsp1407 I
BssH II NT
BstP I NT NT
BstX I NT NT
Bst1107 I
Cfr10 I
Cla I
Cpo I NT NT
Dde I
Dra I NT NT
Dpn I
Eae I NT NT
Eam1105 I NT
EcoO65 I
EcoO109 I NT NT
EcoR I NT NT
EcoR V
EcoT14 I NT NT
EcoT22 I NT NT
Eco52 I NT
Eco81 I NT
Fba I NT
Fok I NT
Hae II
Hae III NT
Hap II
制限酵素 60℃, 15 min 70℃, 15 min エタノール沈殿 フェノール処理
Hha I
Hinc II NT
Hind III NT
Hinf I NT
Hin1 I NT
Hpa I NT NT
Kpn I NT NT
Mbo I
Mbo II NT
Mfl I
Mlu I NT
Msp I
Mun I
Nae I NT NT
Nco I
Nde I
Nhe I NT
Not I
Nru I NT
Nsb I
PmaC I NT NT
PshA I NT NT
PshB I NT
Psp1406 I NT
Pst I NT NT
Pvu I
Pvu II
RspRS II NT
Sac I NT NT
Sac II
Sal I
Sau3A I NT
Sca I NT NT
Sfi I
Sma I NT
Smi I
SnaB I NT NT
Spe I NT NT
Sph I NT NT
Sse8387 I NT NT
Ssp I NT NT
Stu I NT
Taq I NT
Tth111 I NT NT
Van91 I NT
VpaK11B I NT NT
Xba I
Xho I
Xsp I
+:残存活性あり    -:残存活性なし    NT:未試験

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ