正常ヒト表皮角化細胞(NHEK)のサブカルチャー例
(正常ヒト表皮角化細胞(NHEK)を失敗せずに植え継ぐプロセス)

A. 80% confluent
細胞が70~90% confluentになり、フラスコ全体に種々の分裂が見られるようになったらサブカルチャーしてください。


B. 細胞が分離し始めている
DetachKit(製品コード C-41210など)のHEPES BSS Solution(室温)で細胞をリンスし、次いでTrypsin/EDTA Solutoin(室温)を加え、顕微鏡下で細胞の状態をモニターします。およそ1~2分後に細胞が丸まり始め、細胞どうしが分離しかけているのが見えます。


C. 細胞が丸くなっている
細胞が完全に丸くなり剥がれかけているのが見えます。


D. 衝撃を与えて剥がれた細胞
フラスコを手のひらに打ちつけ、素早く顕微鏡の下に置いて細胞の剥がれ具合を調べます。細胞が浮遊して上下に揺れ動きます。細胞がフラスコから離れたら、直ちにトリプシンを中和してください(詳しくは使用説明書をご覧ください)。


E. 植え継ぎしたカルチャー(1日目)
植え継いだNHEK細胞は1日目に、培養容器に付着し始めます。


F. 血球計算盤による細胞計数
最適の結果を得るためには、NHEKを90% confluentになるまでにサブカルチャーし、血球計又は自動細胞計数器を使って細胞数を正確に測り、適正な植え継ぎ濃度を確保してください。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ