Advantage® RT-for-PCRキット

  • わずか1時間でナノグラム量のRNAから1stストランドcDNAを効率的に合成
  • 一つのRNAソースから多種類の遺伝子を同時に解析可能
  • RNaseインヒビターの使用により完全長cDNAを合成
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 639505 Z9505N Advantage® RT-for-PCR Kit
25回 ¥48,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 639506 Z9506N Advantage® RT-for-PCR Kit
100回 ¥95,000
説明書・データシート・ベクター情報
Advantage RT-for-PCR Kitはtotal RNAやpoly A+ RNAから1st strand cDNAを合成するためのキットである。本キットを用いることで、ナノグラム量のRNAからPCRに十分な量のcDNAを得ることができる(1)。各キットには、oligo(dT)18プライマー、ランダムヘキサマー、PCR用コントロールプライマー、コントロールRNAなど、cDNA合成に必要な試薬がすべて含まれている。(注:PCRに必要な試薬は含まれていないので、別途準備が必要。Clontechでは、Advantage cDNA Polymerase Mix、Titanium Taq DNA Polymerase、Advantage 2 Polymeraseなどの使用を推奨している。)

図1. Advantage RT-for-PCR Kitを用いて合成したcDNAの信頼性
マウスマクロファージ細胞株RAW 264.7にリポポリサッカライド刺激を行い、iNOS mRNA誘導のタイムコースを検討した。図に示した時点(hr)で培養細胞からRNAを抽出し、約0.4 μgを用いてAdvantage RT-for-PCR Kitで逆転写を行った。さらに、得られたcDNAの5%を鋳型としてPCR増幅を行った。増幅には、(パネルA)Mouse G3PDH Amplimer Set(製品コード 639009);コントロール用、(パネルB)Mouse iNOSプライマーを用いた。得られたPCR産物の20%をサンプルとして、1.8% EtBr/アガロースゲルで電気泳動を行った。レーンM:φX174/Hae III DNA サイズマーカー

内容

・Oligo(dT)18 Primer
・Random Hexamer Primers
・dNTP Mixture
・Reaction Buffer
・Recombinant RNase Inhibitor
・DEPC-Treated H2O
・MMLV Reverse Transcriptase
・Human Placenta Control Total RNA
・Control Human G3PDH PCR Primers

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ