迅速、高収率、高純度のエキソソーム精製キット

Capturem™ Exosome Isolation Kit (Cell Culture)

  • 25 mlの細胞培養上清から最大2×1011個のエキソソームを精製可能
  • Capturemテクノロジーとエキソソーム結合物質の利用により、抗体を用いずにエキソソームを精製
  • インキュベーション、超遠心不要のシンプルで迅速なプロトコールにより、30分以内に精製が完了
  • 前処理カラム、エキソソーム精製カラム、バッファー類を含む完全なキット
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635723 Z5723N Capturem™ Exosome Isolation Kit (Cell Culture)
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
6回 ¥49,000
¥39,200
2017/11/27~
2018/02/28

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

エキソソームは細胞から分泌される膜小胞で、癌を含む様々な疾患のバイオマーカーとして注目されており、基礎研究分野においても製薬研究分野においても重要な研究対象となっている。
Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)は、細胞培養上清からエキソソームを迅速、高収率、高純度に精製するキットである。抗体を用いず、次世代メンブレン技術であるCapturemテクノロジーと非公開のエキソソーム結合物質を組み合わせることにより、培養上清から30分以内にエキソソームを精製することができる。キットには細胞残渣を除去するための前処理カラム、エキソソーム吸着カラムおよび、エキソソームのカラム精製に適したWash buffer、Elution bufferが含まれている。超遠心機は必要なく、一般的な遠心機で使用できる。Maxiprepサイズのカラムを用いているため、25 mlの培養上清を一度に処理でき、最大2×1011個のエキソソームを得ることができる。なお、本製品は血液サンプルからのエキソソーム精製には使用できない。

エキソソームの機能解析
図1.エキソソームの機能解析

Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)用いて精製したエキソソームと超遠心法によって精製したエキソソーム、および精製前の細胞培養上清をPKH26(赤)でラベルし、HEK293T細胞に添加した。PKH26でラベルされたエキソソームが細胞に取り込まれると赤色の蛍光を発する。また、対比染色としてNucBlue(青)による核染色を行った。 Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)で精製したエキソソームは、超遠心法より少ない使用量で細胞取り込みアッセイを実施することができ、インタクトなエキソソームが高効率に回収できていることが示された。

エキソソームマーカーCD81、Alixの検出
図2.エキソソームマーカーCD81、Alixの検出

細胞ライセート、細胞培養上清、Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)溶出液、超遠心回収液についてウェスタンブロッティングでCD81、Alixを検出した。

エキソソームの収量と平均サイズ Capturem
columns
T社 超遠心法 Capturem
columns
T社 超遠心法
図3.エキソソームの収量と平均サイズ

HEK293細胞の培養上清10 ml(ろ過済み)からCapturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)、沈殿法の試薬(T社)、超遠心法によってエキソソームを濃縮し、ナノ粒子解析(nanoparticle tracking analysis:NTA)によって収量(パネルA)と平均サイズ(パネルB)を調べた。濃縮後の収量(Particles/ml)はInput量(10 ml)に換算した数値を示した。Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)では約70%の収量が得られた。

エキソソームのナノ粒子解析
図4.Capturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)で単離したエキソソームのナノ粒子解析(nanoparticle tracking analysis:NTA)
HEK293T細胞からCapturem Exosome Isolation Kit (Cell Culture)を用いてエキソソームを単離し、ナノ粒子解析を行った。

パネル A:HEK293T細胞から精製したエキソソームの粒子径-粒子濃度分布プロット(ピーク95 nm)およびD90(211 nm)

パネル B:粒子径 vs 散乱強度(各粒子径の相対出現頻度) vs 粒子濃度(particles/ml)の3Dプロット

内容

Capturem Maxiprep Exosome Isolation Columns (Cell Culture)6個
Exosome Isolation Pre-Clearing Columns6個
Exosome Isolation Wash Buffer70 ml
Exosome Isolation Elution Buffer4 ml

保存

室温

本製品以外に必要なもの

  • 50 ml tube カラム1本あたり3本(2,000×gの遠心が可能なもの)
  • 遠心機(スイングローター、50 mlチューブの使用が可能なもの)
  • Vivaspin 500 concentrator with a 100-kDa cut-off(Sartorius社 Cat. No. VS0141) (タンパク質解析、small RNA解析など、溶出後に濃縮やバッファー交換が必要な場合に用いる)

用途

・次世代シーケンス
・リアルタイムPCR
・プロテオミクス解析

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ