簡便・迅速な操作で抗体を高濃度・高純度に精製が可能

Capturem™ Protein G

  • 次世代メンブレン技術を用いた抗体精製用カラム
  • Miniprep、Maxiprep、24 well、96 wellの4種類ご用意
  • 室温、短時間の操作で抗体を簡単精製
    動物血清や培養液などを希釈し、そのままロードして完了
  • 幅広い生物種の抗体精製が可能
  • 小ベッドボリュームのため、高純度、高収量、高濃度の溶出が可能
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635725 Z5725N Capturem™ Protein G Miniprep Columns
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
10本 ¥34,000
¥27,200
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635727 Z5727N Capturem™ Protein G Maxiprep Columns
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
6本 ¥52,000
¥41,600
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635732 Z5732N Capturem™ Protein G 24-Well Plate
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
24 well plate×1 ¥80,000
¥64,000
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635745 Z5745N Capturem™ Protein G 24-Well Plate - HC
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
24 well plate×1 ¥80,000
¥64,000
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635744 Z5744N Capturem™ Protein G 24-Well Plate - HC
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
24 well plate×4 ¥280,000
¥224,000
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635726 Z5726N Capturem™ Protein G 96-Well Plate
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
96 well plate×1 ¥78,000
¥62,400
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

Protein GはStaphylococcus aureus由来の細胞壁タンパク質で、複数の異なる生物種(マウス、ラット、ヒトなど)に由来するIgGタイプ抗体のFc領域に対して高い親和性を持っている。Capturem Protein Gシリーズは、抗体のFc領域に対する特異性を上げるためにProtein Gからアルブミン結合ドメイン、細胞壁・細胞膜結合ドメインを除いた組換えProtein Gを利用している。
本製品は、高性能ナイロンメンブレンを装着したスピンカラムを用いており、サンプルの添加から溶出まで室温で操作可能で、Miniprepでは5分以内、Maxiprep、24 wellおよび96 well plateでは15分以内に終了する。処理時間が短いため、抗体の劣化や失活の懸念が少なく、待ち時間のない手軽な操作で質の高い精製が可能である。化学的修飾により孔の表面積を拡大したナイロンメンブレンは、ベッドボリュームが少なく、抗体の結合能が高く(≧75 mg/cm3)、高純度、高濃度での精製が可能である。

※Capturem Protein G 24-Well Plate - HCは、以前のバージョンと比較して収量が増加するように最適化されています。

Capturem Protein Gの基本フロー
表1.Capturem Protein Gのフォーマットや収量
 Miniprep ColumnsMaxiprep Columns24-Well Plate - HC96-Well Plate
回数10回6回24 well96 well
サンプル希釈液の使用量*1100~800 μl2~20 ml0.5~4.3 ml/well200~1,000 μl/well
精製時間5分15分15分15分
最大収量*260 μg1.2 mg600 μg*360 μg
標準溶出液量100~300 μl0.5~1.5 ml1.8 ml100~300 μl

*1 binding bufferで1:2~1:15希釈
ハイブリドーマサンプルの場合は1:2~1:4倍、血清サンプルの場合は1:15希釈をお勧めします。

*2 サンプルのタイプ、種類、抗体アイソタイプによって異なります。

*3 HEK293細胞上清に1 mgのマウスIgG1を添加した場合の収量です。


表2.Protein AとProtein Gのアイソタイプ親和性
SpeciesAntibody subtypeProtein AProtein GProtein A/G
HumanTotal IgG
IgG1
IgG2
IgG3
IgG4
IgM
IgD
IgA1
IgA2
Fab
scFv
+++
+++
+++

+++





+++
+++
+++
+++
+++





+++
+++
+++
+++
+++





MouseTotal IgG
IgM
IgG1
IgG2a
IgG2b
IgG3
+++


+++
+++
+++
+++

++
+++
+++
+++
+++

++
+++
+++
+++
RatTotal IgG
IgG1
IgG2a
IgG2b
IgG2c




+++
++
++
+++

+++
++
++
+++

+++
RabbitTotal IgG+++++++++
+++ strong binding
++ medium binding
+ weak binding
- no binding

保存

室温で1年

本製品以外に必要な試薬等

本製品にはバッファー、コレクションチューブなどが含まれていません。下記組成のバッファーおよび製品をご用意ください。
1.Purification Buffer

本製品は、抗体精製で一般的に使用されているリン酸、クエン酸緩衝液などが使用可能である。標準的な溶液を以下に示す。抗体のアイソタイプによって、抗体の収率、純度に対する緩衝液の塩濃度、pHの影響は異なる。

  • Equilibration/Binding/Wash Buffer:0.15~2 M NaCl含有20~100 mM sodium acetate, pH5.0または
    0.15~2 M NaCl含有100~500 mM sodium phosphate, pH7.0
    あるいは、Pierce Protein G IgG Binding Buffer (Thermo Fisher Scientific社, Cat.No 21019)も使用可能
  • Elution Buffer:0.1 M glycine, pH2.5~3.0
  • Neutralization Buffer:1 M Tris, pH8.5
2.Collection tube/Plate
  • 2 ml tubeカラム1本あたり4本(Miniprepの場合)
  • 50 ml tubeカラム1本あたり4本(Maxiprepの場合)
  • 24 well collection plateプレート1枚あたり4枚(24の場合)
  • 96 well collection plateプレート1枚あたり4枚(96の場合)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ