クローニング実験アンケートの結果

2018年5月に実施した「クローニング実験アンケート」より、ユーザー様からのフィードバックや評価結果をご紹介します。
アンケート結果を参考にしていただき、是非一度In-Fusionをお試しください!
クローニング実験で困っていることを教えてください
多かった回答(複数選択可能)
目的クローンの取得が難しい41%
実験時間が長い40%
適切な制限酵素サイトを見つけることが難しい28%
多くの方々がお困りのクローニング実験での問題解決にIn-Fusion Cloningがおススメです。是非お試しください!
今後試してみたいクローニング法を教えてください
(複数選択可能)
今後In-Fusion Cloningを試してみたい方は8割以上!
In-Fusion関連製品を知人におススメしますか?
In-Fusionユーザーは、In-Fusionを知人にススメる割合が約9割!
In-Fusion製品の使用感を教えてください

使いやすさ

  • 簡便で初心者でも使用可能
  • キット通りにやればうまくいった。
  • 使用実績が多く、困った際に他の利用者に聞きやすい。

時間の節約

  • ゲル抽出などステップを省くことができる。
  • 制限酵素を全く使用せずに利用できるためクローニングの時間が大幅に短縮した。

高い効率

  • 通常方法では、効率が悪かったり、取得できないときに有用だった。
  • 楽で効率よくつながるのでよい。4 fragmentも難なく結合できた。
  • 長鎖DNAではクローニング効率が非常に良い点
  • インサートの方向が決まっている。効率が良い。コロニー4つ拾うとほとんどの場合、目的クローンを採取できる。
  • 効率が予想より良く、しかもほぼ100%目的の方向なので、非常に良かった。

制限酵素サイトの悩みなし

  • 複数遺伝子のクローニング、適当な挿入部位(制限酵素切断部位)が無い場合にとても役に立つ。
  • 複数断片の同時導入や制限酵素サイトの有無を問わない点が良い。
  • 制限酵素サイトに依存しなくてどこでも目的の位置で結合できること
  • 適当な酵素サイトを見つけられない場合などに特に助かっている。

その他

  • 他社の試薬からIn-Fusionに変更したことにより、実験がうまくいくようになった。
  • 革新的でもう手放せない。
  • 使用回数は少ないが、目的のモノはかならず作成できた。
  • 難しいベクター構築ができて、非常によかった。
  • 他の方法でなかなかうまくいかなかったものが、スムーズに成功した。
  • N社製品と並べて使用してきました。何度比較しても明らかに御社製品が10倍以上高効率でした。
  • サイトの選定に非常に時間がかかっていた上にベクター側のサイトを潰す必要がある場合もあり大変だったが、In-Fusionを使用することでそれらの問題がクリアされた。

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ