ノロウイルス検出キットの使い分けについて

タカラバイオでは4タイプのノロウイルス検出キットをご用意しております。用途に応じてお選びください。
 TaKaRaノロウイルスGI/GII
検出キットVer.3
(製品コード RR298A)
TaKaRaノロウイルス拭き取り検査用キット(製品コード RR242A) TaKaRa qPCR Norovirus
(GI/GII) Typing Kit (1 Step)
(製品コード RR262A)
TaKaRa qPCR Norovirus
(GI/GII) Typing Kit
(製品コード RR250A/B)
判定方法定性定性定量
検体検便検体拭き取り検体食品・環境サンプル
前処理不要専用濃縮液による遠心濃縮カラムによるRNA精製
検出原理1ステップリアルタイムRT-PCR1ステップリアルタイムRT-PCR1ステップリアルタイムRT-PCR2ステップリアルタイムRT-PCR
通知法収載
フライマー・プローブ
配列
一部のプライマーを増幅領域の内側にずらしたものを採用一部のプライマーを増幅領域の内側にずらしたものを採用
UNG使用
(偽陽性防止)
検出できる遺伝子/
検出フィルター
GI遺伝子/Cy5
GII遺伝子/ROX
(マルチプレックス検出系)
GI遺伝子/Cy5
GII遺伝子/ROX
(マルチプレックス検出系)
GI遺伝子/Cy5
GII遺伝子/ROX
(マルチプレックス検出系)
GI遺伝子/FAM
GII遺伝子/FAM
(シングル検出系)
インターナルコントロールの有無/
検出フィルター
(偽陰性防止)
○/FAM○/FAM○/FAM
特長
  • 前処理操作不要。検便上清を反応液に添加するだけ
  • 「大量調理施設衛生管理マニュアル」*2に則ったリアルタイムPCR検査が可能
  • 専用濃縮液による遠心濃縮で迅速、簡便にノロウイルスを濃縮
  • 各種市販スワブに対応、高いPCR阻害物質耐性
  • 厚生労働省通知法*1に記載された方法と同等の定量解析が可能
  • 迅速簡便な1ステップリアルタイムRT-PCR
  • 厚生労働省通知法*1に記載された方法と同等の定量解析が可能。通知法と同じ2ステップリアルタイムRT-PCRでの検査を行いたい方に
*1:「ノロウイルスの検出法について」 厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課
(平成15年11月5日付け食安監発第1105001号別添 最終改正:平成25年10月22日付け食安監発1022第1号)
*2:「大量調理施設衛生管理マニュアル」(平成9年3月24日付け衛食第85号別添 最終改正:平成29年6月16日付け生食発0616第1号)

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ