微量サンプルの前増幅用試薬

Prelude™ PreAmp Master Mix

  • 微量サンプルの前増幅用試薬
  • バイアスを最小限に抑えた増幅-異常値の出現は市販の前増幅試薬の1/2~1/3
  • 優れた感度-わずか10 pgのcDNA、ゲノムDNAが使用可能
  • 高い汎用性-インターカレーター法、またはプローブ法によるリアルタイムPCR、SNPジェノタイピング、ターゲットエンリッチメントの前増幅に使用可能
  • ready-to-useの便利なマスターミックス-サンプルとプライマーを加えて10-14サイクル増幅するだけ
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 638542 Z8542N Prelude™ PreAmp Master Mix
  • New
10回(50 μl反応) ¥30,000
説明書・データシート・ベクター情報
CLN 638541 Z8541N Prelude™ PreAmp Master Mix
  • New
40回(50 μl反応) ¥100,000
説明書・データシート・ベクター情報

製品説明

Prelude PreAmp Master Mixは、限られた少量のcDNAやゲノムDNA(10 pg~100 ng)から、複数のターゲット配列(>100)をバイアスなく前増幅することが可能なホットスタート仕様の2×PCRプレミックス試薬である。増幅産物は、リアルタイムPCR(qPCR)、ジェノタイピング、ターゲットエンリッチメント解析に使用できる。

前増幅のメリット
図1.前増幅のメリット

PrimerArray Cell cycle (Human) (製品コード PH002)を用いて、100 pgのcDNAをPrelude PreAmp Master Mixで10サイクル前増幅したサンプルと非増幅のサンプルをqPCRで比較した。非増幅のサンプルでは96遺伝子中、数遺伝子のみCt<32の値を示した。一方10サイクル前増幅したサンプルでは96遺伝子すべてのCt値が17~32の間であったことから、前増幅をすることで、より短時間でqPCRが可能になることが示された。
増幅前のサンプルについてはCt>32のデータは表示していない。
96遺伝子全てについて実施したが、データを見やすくするため一部の結果を表示している。
【96遺伝子のリストはこちら】

幅の均一性(前増幅サンプルと非増幅サンプルの比較)
図2.増幅の均一性(前増幅サンプルと非増幅サンプルの比較)

PrimerArray Cell cycle (Human)(製品コード PH002)を用いて、100 pgのcDNAをPrelude PreAmp Master Mixで10サイクル前増幅したサンプルと20 ngの非増幅サンプルをqPCRで比較した。2つのサンプルのCt値はほぼ同じ値となり、増幅の均一性が示された。したがって、Prelude PreAmp Master Mixを使って10サイクル前増幅することで、100 pgのcDNAをバイアスを抑えてqPCR検出することが可能になった。
96遺伝子全てについて実施したが、データを見やすくするため一部の結果を表示している。
【96遺伝子のリストはこちら】

増幅の均一性(10サイクルと14サイクルの比較)
図3.増幅の均一性(10サイクルと14サイクルの比較)

PrimerArray Cell cycle (Human)(製品コード PH002)を用いて、100 pgのcDNAをPrelude PreAmp Master Mixで10サイクル前増幅したサンプルと14サイクル増幅したサンプルをqPCRで比較した。前増幅のサイクル数を10サイクルから14サイクルに増加させてもバイアスが生じることなく、増幅の均一性が得られた。 96遺伝子全てについて実施したが、データを見やすくするため一部の結果のみ表示している。
【96遺伝子のリストはこちら】

ΔΔCt法によるバイアスの検証
図4.ΔΔCt法によるバイアスの検証

PrimerArray Cell cycle (Human)(製品コード PH002)を用いて、100 pgのcDNAをPrelude PreAmp Master Mixで10サイクル前増幅したサンプルと14サイクル前増幅したサンプルについてqPCRを行い、ΔΔCt法によってバイアスの有無を検証した。ΔΔCt値が±0.75であることは、バイアスがない前増幅であることを保証する最も厳しい基準の1つであり、96遺伝子すべてがこの条件を満たしていた。このことから、Prelude PreAmp Master Mixは100 pgのcDNAをバイアスを抑えて前増幅できることがわかった。
96遺伝子全てについて実施したが、データを見やすくするため一部の結果のみ表示している。
【96遺伝子のリストはこちら】

微量サンプルからの増幅の均一性
図5.微量サンプルからの増幅の均一性

Prelude PreAmp Master Mixを用いて、Input量12.5 pg、50 pg、100 pgのcDNAを14サイクル前増幅し、PrimerArray Cell cycle (Human)(製品コード PH002)によるqPCRを行った。わずか12.5 pgのcDNAからもバイアスが極めて少ない前増幅が可能であった。
96遺伝子全てについて実施したが、データを見やすくするため一部の結果のみ表示している。
【96遺伝子のリストはこちら】

他社製品との比較
図6.他社製品との比較(クロンテック取得データ)

10 pgのcDNAをPrelude PreAmp Master Mix、および他社製品(A社、B社、C社)を用いて14サイクル前増幅した。PrimerArray Cell cycle (Human)(製品コード PH002)を用いたqPCRを行い、ΔΔCt法によってバイアスの程度を比較した。Prelude PreAmp Master Mixは、他社製品と比べて極めてバイアスの少ない前増幅が可能であることが示された。

FFPEサンプルを用いたバイアスの検証
図7.FFPEサンプルを用いたバイアスの検証

162種類の乳がん組織のFFPEサンプルについて、Prelude PreAmp Master Mixで14サイクル前増幅してqPCRを行い、ΔΔCt法で未増幅のサンプルと比較した。その結果、Prelude PreAmp Master Mixによってバイアスの低い前増幅が可能であることが示された。

FFPEサンプルを用いた他社製品との比較
図8.FFPEサンプルを用いた他社製品との比較(クロンテック取得データ)

162種類の乳がん組織のFFPEサンプルについて、Prelude PreAmp Master MixおよびA社製品で前増幅した後、qPCRを行った。Prelude PreAmp Master Mix(図7)の方がバイアスの少ないデータが得られた。

内容

Prelude PreAmp Master Mix(製品コード 638542)  200 μl×1本
Prelude PreAmp Master Mix(製品コード 638541)  200 μl×4本

保存

-20℃

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ