簡単・迅速、生体液サンプルからの細胞外小胞(EV)精製キット

Capturem™ Extracellular Vesicle Isolation Kit

  • Miniキットでは最大850 μl、Maxiキットでは24 mlの生体液サンプルや細胞培養上清から高純度に濃縮された細胞外小胞(EV)を30分以内に分離
  • Capturem技術により超遠心法よりも、迅速に穏やかに高純度のEVを高効率で回収可能
  • カルネキシンやアルブミンなど非エキソソームタンパク質の混入が少なく、エキソソームマーカー陽性のEVを取得
  • RT-qPCRやNGS解析に十分な量のEVを回収可能(Mini: <1010、Maxi: <1011
  • 精製されたEVは、透過型電子顕微鏡(TEM)によって典型的な形態を示す
  • 血漿、血清、尿、乳、唾液、細胞培養液、CSFなどの生体液からの分離

製品説明動画
メーカー
略称
製品コード TaKaRa
Code
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書
データシート
ベクター情報
参考
資料
CLN 635741 Z5741N Capturem™ Extracellular Vesicle Isolation Kit(Mini)
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
20回 ¥85,000
¥68,000
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
CLN 635748 Z5748N Capturem™ Extracellular Vesicle Isolation Kit(Maxi)
  • New
  • タグ融合タンパク質精製(Hisタグ、その他)
  • ライセンス
8回 ¥120,000
¥96,000
2020/05/25~
2020/08/31

説明書・データシート・ベクター情報

※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。

製品説明

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kitは、生体液サンプルや細胞培養上清からエキソソームなどの細胞外小胞(EV)を簡便、迅速に分離するキットである。抗体を用いず、レクチンベースの結合物質を用いたCapturemスピンカラムの使用により、血漿、血清、尿、乳、唾液、脳脊髄液(CSF)などの生体液サンプルから30分以内に高純度に濃縮された細胞外小胞を単離することができる。Miniキットでは最大1010個、Maxiキットでは1011個の細胞外小胞が回収でき、プロテオーム解析、ゲノム解析、トランスクリプトーム解析に十分な量を得ることが可能である。キットには、予備精製カラム(Amicon遠心フィルターユニット:Mixiキットのみ)、Capturemスピンカラム、平衡化バッファー、洗浄バッファー、溶出バッファーが含まれている。
図1.Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kitのワークフロー

サンプルをPre-Clearing ColumnとFilter unitでろ過することにより細胞残渣とEV以外のタンパク質を除く。その後、平衡化済みCapturem Spin Columnに細胞外小胞を結合させ、Wash Bufferで洗浄後、Elution Bufferで溶出する。各遠心操作は2分で、30分以内に全操作が完了する。
*遠心時間はサンプル種と量により変動する。

図2.回収された細胞外小胞のサイズ分布の比較

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit(Mini)または超遠心分離によって、500 μlの血漿からN=3で細胞外小胞を分離し、ナノ粒子トラッキング解析(NTA)を行った。サイズ分布の平均を黒線、標準誤差を赤線で示した。Capturemは超遠心分離よりサイズ分布の範囲が狭く、一般的な細胞外小胞体のサイズ範囲内となっており、より高純度に分離されていることが示された。

図3.様々なサンプルからの細胞外小胞の抽出例

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit (Mini)を用いて母乳、唾液、脳脊髄液(CSF)、血清、尿、細胞培養上清から細胞外小胞を分離し、ナノ粒子トラッキング解析(NTA)を行った。サイズ分布の平均を黒線、標準誤差を赤線で示した。全てのサンプルから細胞外小胞が分離できており、Capturemの有用性が示された。

図4.エキソソームマーカーおよび非エキソソームタンパク質の検出

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit(Mini)または超遠心分離(UC)によって血漿から細胞外小胞を分離し、ウェスタンブロッティングでエキソソームの陽性マーカーであるCD63、CD9、Alix、および非エキソソームタンパク質であるカルネキシン、アルブミンを検出した。CapturemではCD63、CD9、Alixがよく検出されており、カルネキシンおよびアルブミンの混入レベルは低いことが示された。

図5.RNA収量の比較

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit(Mini)(A)を用いて50 μlの血漿から、超遠心分離(B)により、同一検体の300 μlの血漿からそれぞれ細胞外小胞を分離した。NucleoSpin miRNA PlasmaでmiRNAを精製し、BioanalyzerでRNA収量を調べた(25 ntのピークは内部標準)。いずれもRNA濃度は約100 pg/μlで、Capturemの方が少ないサンプル量で同等の収量が得られた。Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit (Maxi)(C)を用いてより多量サンプルから細胞外小胞を分離しRNA精製した。さまざまなサンプルから同等の収量が得られた。

内容

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit (Mini)(製品コード 635741)
Capturem Extracellular Vesicle Isolation Mini Spin Columns20個
Extracellular Vesicle Isolation Pre-Clearing Columns20個
Extracellular Vesicle Isolation Equilibration Buffer20 ml
Extracellular Vesicle Isolation Wash Buffer20 ml
Extracellular Vesicle Isolation Elution Buffer4 ml

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit (Maxi)(製品コード 635748)
Capturem Extracellular Vesicle Isolation Maxi Spin Columns(緑)8個
Extracellular Vesicle Isolation Pre-Clearing Columns (紫)8個
Amicon Ultra-15 Centrifugal Filter Unit, 100 kDa MWCO8個
Extracellular Vesicle Isolation Equilibration Buffer50 ml
Extracellular Vesicle Isolation Wash Buffer50 ml
Extracellular Vesicle Isolation Elution Buffer50 ml

保存

室温

本製品以外に必要な試薬等

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit (Mini)(製品コード 635741)
  • Amicon Ultra-0.5 Centrifugal Filter Unit, 100-KDa MWCO (Thermo Fisher Scientific社 Cat. No. UFC510024)
  • 2 ml Collection tube、5本/カラム1本(3,000×g の遠心が可能なもの)
  • PBS without CaCl2 or MgCl2

Capturem Extracellular Vesicle Isolation Kit (Maxi)(製品コード 635748)
  • チューブ(サンプル量に適したもの)、2本/カラム1本(3,000×g の遠心が可能なもの)
  • 50 ml チューブ、3本/カラム1本(3,000×g の遠心が可能なもの)
  • PBS without CaCl2 or MgCl2

用途

・次世代シーケンス
・リアルタイムPCR
・プロテオミクス解析

この製品を見た人は、こんな製品も見ています。

注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。

▲このページのトップへ