キャンペーン

タカラバイオ オータムキャンペーン2021(ID:N138)

キャンペーン期間:
2021年9月1日~2021年9月30日


キャンペーン期間:
2021年9月1日~2021年9月30日

PCR酵素ユーザーズボイス募集キャンペーン 結果発表

2021年6月に実施したPCR酵素ユーザーズボイス募集キャンペーンで、多数のうれしいお声をいただきました。その中から一部抜粋してご紹介します!
使ってよかった!

TaKaRa Ex Taq® シリーズ

圧倒的な実績と使いやすさを誇る、ベストセラー酵素!
Q 一番満足しているところをお答えください。
  • 増幅効率がいい。(S大学 T様)
  • 他酵素と比べ、増幅の有無がはっきりしている。(他酵素だと時に使用するDNA夾雑物に依存) (Y社 K様)
  • 失敗がなく、確実に増幅できるから。(K学校 O様)
  • PCR増幅で失敗したことがほぼなく、溶液調製など扱いやすいと感じています。(N社N様)
  • バンドが出やすい、バンドが濃い、正確性がそこまで悪くない、TAクローニングできる。(K大学 F様)
  • 確実にターゲットの回収ができる。(N社 T様)
  • PCRの検出率(感度)が高い。(N社 T様)
  • これでしか成功しないPCRなので助かる! (K大学 N様)
  • 様々な動物のグループで汎用的に利用出来ること。様々な非モデル生物において抜群の信頼度で結果を出してくれます! (K大学 N様)
  • PCR成功率が高い。実績が多い。(T大学 H様)
Q まだ使ったことがない方に、おすすめコメントをお願いします。
  • PCRを始めたばかり(または、これから始める)の人におすすめのPCR酵素です。(K大学 S様)
  • ルーチンで使うのに最適だと思います。また、SNP解析で、ミスマッチを導入して人工的に制限酵素部位をつくるRFLPにも非常に有用でした。(K社 K様)
  • 1度使ったら、この代替品はないことに気づく。(K学校 O様)
  • 長年使っていますが、何の問題もなく、ストレスなく使えます。(T大学 K様)
  • 昔から使用されている酵素なので安定してる使用感があります。(T大学 S様)
  • とりあえずバンドを確認したい場合には、まずEx Taqを使うといいと思います。(N大学N様)
  • 2~3 kbにわたって変異が全く入らないという精度は難しいですが、PCR成功率が高いので、とにかくPCRをうまく行かせたい場合にとても良い選択肢だと思います。(K大学 T様)
  • PCRをする場合には、Taq 系でよければ、まずはこのポリメラーゼを利用してみてほしい。(K大学 K様)
  • 歴史が長いです。PCR効率も高いです。(T大学 H様)
  • 定評ある長きに渡り販売されている製品です。(T大学 I様)
PrimeSTAR® Max DNA Polymerase

正確性もスピードもまさに“Max”!
Q 一番満足しているところをお答えください。
  • 高正確性、高増幅能を両立している点。(T大学 S様)
  • PCR成功率が高く、配列のエラーもない。(J大学 Y様)
  • PCR成功率が高い、伸長時間が短い、Fidelityが高い、プレミックスタイプで便利。(K社 O様)
  • PCRが非常に速く、変異導入も簡単に行える為。ほかの酵素でうまく増幅できないときにPrimeSTAR Maxを使うと、うまく増幅できることがある為。(T大学 T様)
Q まだ使ったことがない方に、おすすめコメントをお願いします。
  • 正確性、増幅効率とも最高レベルにある。(K大学 H様)
  • 経済的で失敗が少ない酵素です! (M大学 I様)
  • 速い。増える。(N研 T様)
  • 正確性が高く、増えないことがないくらいPCRの成功率が高い。(T大学 K様)
  • 当研究室では当該酵素一択です! (E大学 O様)
Tks Gflex™ DNA Polymerase

弊社PCR酵素中、成功率ナンバーワン!クローニングもOK!
Q 一番満足しているところをお答えください。
  • PCRの非特異的バンドが少なく、正確性が高いため。また、他の酵素でPCRが成功しない時の最終選択肢として用いています。(A大学 H様)
  • AT or GC-rich sequenceな遺伝子のPCRの際には、必ず使用しています。AT-richについては、PrimeSTAR GXLよりもGflexの方が成功率が高かったです! (R研 H様)
  • PCR成功率が高い。Mixture作成の容易さ。酵素の正確性。(I大学 N様)
  • 粗いサンプルでもゲノムPCRがかかりやすい。(K大学 T様)
Q まだ使ったことがない方に、おすすめコメントをお願いします。
  • 今まで増えなかったアンプリコンが増幅できる感動を味わってください。(F大学 T様)
  • PCRの鋳型サンプルが低純度であったり、またGC含有量が高くても、非常にPCRの成功率が高いポリメレースです。PCRのエラーも少なく、非常に重宝している酵素でオススメです。(A大学 H様)
  • 特殊配列の増幅に悩んでおられる方がいらっしゃいましたら、試す価値があると思います! (R研 H様)
  • 特異性重視の酵素では増幅困難な配列で、増幅重視の酵素では特異性で問題が生じるような時に、ちょうど両者のバランスが取れた使い勝手の良い酵素。(Y大学 T様)
  • 簡便かつPCR成功率が高いので、現在最も信用しているPCR酵素です。(I大学 N様)
全てオータムキャンペーンの対象製品です。
まだお使いでない方はぜひお試しください!

タカラバイオ オータムキャンペーン2021

そのほかのキャンペーンは、下記よりご覧ください。