DNA合成・RNA合成

オリゴ合成 Q&A

全表示/全非表示
Q1 受託サービスのオリゴ合成品にかかる法規制を教えてください。SDSを交付してもらうことはできますか?
A1  受託サービスのオリゴ合成品は以下の法令には該当しません。
  1. 麻薬及び向精神薬取締法(麻薬・向精神薬・麻薬向精神薬原料)
  2. 覚せい剤取締法(覚せい剤・覚せい剤原料)
  3. 毒物及び劇物取締法(毒物・劇物)
  4. 医薬品医療機器等法(旧薬事法)(指定薬物)
  5. 化学兵器禁止法(特定物質)
  6. 労働安全衛生法(第55条、56条、57条及び57条の2)
  7. カルタヘナ法
  8. 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)
  9. 消防法
  10. 国民保護法(毒素)

上記の通り労働安全衛生法第57条の2、毒物及び劇物取締法、PRTR法に該当しないため、SDSの交付はしておりません。
また、本製品は研究用試薬のため、以下の法令の適用および規制は受けておりませんので対象外となります。
  1. 毒薬・劇薬の該非

<Perfect Real Timeサポートシステム(PRTSS)に関する疑問>

Q2 1本あたりに入っているプライマーの液量を教えてください。50 pmol/μlというのはわかるのですが、液量を見つけることができません。
A2  本製品は保証量2 OD以上とさせていただいています。
塩基組成によっても変わりますが、2 OD以上の場合、20 merで約9 nmol(180 μl)以上、30 merで約6 nmol(120 μl)以上の納品が目安となります。
実際は合成できた分をすべて納品しているため、液量は合成毎に異なります。
例えば、納品したオリゴが30 nmolだった場合、50 pmol/μl調製品ですので液量は600 μlとなります。
正確な収量は、納品時に添付されているデータシートをご確認ください。

【参考】オリゴヌクレオチド1 OD260のモル換算表
 https://catalog.takara-bio.co.jp/product/basic_info.php?unitid=U100003625
Q3 購入者にのみ開示されるPerfect Real Timeのプライマー配列を論文に記載してもよいでしょうか?
A3  ご購入いただきましたPerfect Real Timeのプライマーの配列は、ご自由にお使いください。論文に記載していただいても問題ございません。
論文掲載の際は、Takara Bio Inc., Japan などのように記載いただくようお願いします。
Q4 プライマーの保管温度と使用可能な保存期間を教えてください。
A4  常温輸送にて納品させていただきますが、受け取り後は分注いただき、冷凍-20℃にて保管ください。有効期限は設けていないため保証はございませんが、適切に保存(小分け・ー20℃で冷凍保存)した場合、約2年間安定であると考えられます。
Q5 論文と同じ配列のプライマーを注文する場合はどうしたら良いですか?
A5  下記のURLリンクから塩基配列を指定してDNA合成をご注文いただけます。
https://catalog.takara-bio.co.jp/userlogin/index.php?mode=wwwlogin&rtn_url=/research/jutaku_online/custom/tyumon.php
Q6 使用可能なPCR装置、試薬を教えてください。
A6  一般的なリアルタイムPCR用試薬、装置でご利用いただけます。
本製品は、タカラバイオのPrimeScript RT reagent KitとTB Green Premix Ex Taq II (Tli RNaseH Plus) などを用いたPCR条件に最適化しております。
詳細は下記ページをご参照ください。
https://www.takara-bio.co.jp/research/prt/h1-2a.htm
Q7 同じ配列を再注文したいのですが、設計済リストから無くなっています。再注文可能でしょうか?
A7  Perfect Real Time Primerサポートシステムの注文履歴から再注文が可能です。
以前ご依頼いただきましたWEB会員IDの注文履歴からご注文ください。
注文履歴からの再注文ができない場合は、下記WEBページのDNA合成オンライン注文にて、配列情報を入力してご注文ください。
https://catalog.takara-bio.co.jp/userlogin/index.php?mode=wwwlogin&rtn_url=/research/jutaku_online/custom/tyumon.php
DNA合成の納品時に、乾燥品ではなく濃度調整済みTE溶液(50 pmol/μl)での対応をご希望の場合は、コメント欄にその旨ご記入ください。
Q8 製品受け取り後、常温で数日放置してしまいましたが、プライマーの品質に問題ないでしょうか?
A8  保証はできかねますが、DNAオリゴヌクレオチドは比較的安定な分子であるため、数日程度の常温保管は品質に影響はないと考えられます。

<リアルタイムPCR用プライマー・プローブ合成(TaKaRa qPCR プローブ)に関する疑問>

Q9 レポーターにVIC、クエンチャーにMGBを使ったプローブを作っていただくことは可能ですか?
A9  VIC・MGBは取り扱っておりません。
VICにつきましては代替えとしましてHEXで対応します。
Q10 レポーターBHQとTAMRAの違いは何ですか?
A10  TAMRAはエネルギーを光で放出する蛍光クエンチャー、BHQはエネルギーを熱で放出するダーククエンチャーです。
一般に蛍光を発さないダーククエンチャーの方がS/N比の向上が期待できます。
2種類以上のプローブを使用し、マルチプレックスで解析を実施する場合はダーククエンチャーをおすすめしています。
Q11 BHQ-1とBHQ-2の使い分けを教えてください。
A11  BHQ-1とBHQ-2はそれぞれ最大吸収波長が異なります。
BHQ-1 534 nm、 BHQ-2 579 nm
レポーター色素の蛍光波長によって使い分けをします。
レポーター色素とクエンチャーの組み合わせは以下を参照ください。
https://catalog.takara-bio.co.jp/jutaku/basic_info.php?unitid=U100007565#anchor03
Q12 プライマー・プローブの保管温度と使用可能な保存期間を教えてください。
A12  常温輸送にて納品させていただきますが、受け取り後はTEバッファーなどに溶解いただき、冷凍-20℃にて保管ください。プローブは遮光保存してください。有効期限は設けていないため保証はございませんが、適切に保存(TE bufferなどで溶解後、小分け・遮光しー20℃で冷凍保存)した場合、約2年間安定であると考えられます。
Q13 使用可能な試薬、PCR装置を教えてください。
A13  一般的なリアルタイムPCR用試薬、装置でご利用いただけます。
使用可能な蛍光、クエンチャーの組合せは、装置によって異なりますので、装置マニュアルまたはメーカーにご確認ください。
Q14 設計からでなく、指定の配列でプローブ・プライマーセットを注文する方法を教えてください。
その場合の価格もお願いします。
A14  配列指定の場合でも、デザインセットと同じ価格となります。
TaKaRa qPCR Probe 合成のオンライン注文にログインいただき、「Probe/Primerセット」合成のみで依頼をする よりご注文にお進みください。
Q15 プローブ鎖長が30 merを超える合成も依頼可能ですか?
A15  10~40 merまでは同一価格でお引き受けしております。
41 mer以上をご要望の場合は、別途ご相談とさせていただきます。
なお、プローブ鎖長が30 merを超えるとクエンチングの効率が下がりますのでご留意ください。

<リアルタイムPCR用プライマー・プローブ合成(サイクリングプローブ)に関する疑問>

Q16 使用可能なPCR装置、試薬を教えてください。
A16  CycleavePCR Starter Kit(製品コード CY505S)またはCycleavePCR Reaction Mix(製品コード CY505A/B)をご使用ください。
適応機種は以下CycleavePCR試薬の製品ページに記載しております。その他の装置をご利用の場合は、装置メーカーにご確認をお願いいたします。
https://catalog.takara-bio.co.jp/product/basic_info.php?unitid=U100006609

  DNA合成・RNA合成