TaKaRa PCR Human Papillomavirus Typing Set

VpaK11B I (Ava II)消化による悪性型HPVのタイピング

Enzyme Set A(製品コード 6604)を用いて、悪性型HPVのタイピングを行った。増幅DNAをVpaK11B I (Ava II)により消化し、4% アガロースゲル電気泳動を行い、フラグメントの切断パターンを確認した。VpaK11B I (Ava II)消化によりHPV16の増幅DNA(238 bp)は157 bpと81 bpに、HPV18の増幅DNA(268 bp)は172 bpと96 bpに、HPV33の増幅DNA(244 bp)は136 bpと108 bpに切断された。HPV31、52b、58の増幅DNAは、VpaK11B I (Ava II)により消化されなかった。

Lane M:φX174-Hae III digest
1:HPV16 DNA
2:HPV18 DNA
3:HPV31 DNA
4:HPV33 DNA
5:HPV52b DNA
6:HPV58 DNA

  TaKaRa PCR Human Papillomavirus Typing Set