Reverse Transcriptase XL (AMV)

反応用バッファー添付
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
2620A

LSI

Life Sciences Advanced Technologies社
Reverse Transcriptase XL (AMV)
カスタム製造について
500 U ¥41,000
説明書・データシート・ベクター情報
2620A
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

本酵素は、Avian myeloblastosis virusから単離された、分子量約157,000 daltonsのαβ型holoenzymeの逆転写酵素である。本酵素は、Nuclease-freeにまで高純度に精製したものであり、約10 kbのRNAを鋳型としたcDNA合成に使用できることを確認している。本酵素はcDNA合成活性とともに、RNase H活性も保持している。

保存

-80℃凍結保存(数回の凍結、融解の繰り返しではほとんど活性は低下しないが、なるべく避けること)または短期間(6ヵ月)であれば-20℃保存でもよい。

濃度

15~40 units/μl

形状

200 mM リン酸カリウム緩衝液(pH7.2)
2 mM DTT
0.2%Triton X-100
50%グリセロール

添付Buffer組成(cDNA合成用、10×/5×)

250 mMTris-HCl(pH8.3)
500 mMKCl
20 mMDTT
50 mMMgCl2

注意)長鎖cDNAの合成には、添付Bufferは 1/10希釈での使用が望ましい。

活性の定義

Poly(rA)・oligo(dT)12-18を鋳型/プライマーとし、37℃で10分間に1 nmolの[3H] dTTPを酸不溶性沈殿物に取り込む活性を1 Uとする。

活性測定用反応液組成

50 mM Tris-HCl(pH8.3)
40 mM KCl
6 mM MgCl2
4 mMDTT
0.4 mM Poly(rA)・(dT)12-18
0.5 mM [3H]dTTP
2~4 URTase XL (AMV)

品質検定

以下の方法により、メーカーにて品質検定が行われている。

1. cDNA合成反応
Poly A-tailed RNA Ladder(0.5 ~ 9.0 kb)1.0 μgと本酵素5.0 Uを41℃で1時間反応後、アルカリゲル電気泳動およびTCA沈澱により、転写効率および完全長cDNA 合成率を確認している。

2. RNase Assay
本酵素とRNA Ladder(0.5~9.0 kb)を1 μg RNAあたり20 Uの割合で37℃にて2時間反応させ、RNAのアガロースゲル電気泳動により、RNase A当量として8×10-8 U以下であることを確認している。

3. DNase Assay(endonuclease、exonuclease)
50 Uの本酵素と0.5 μgのφX174 Hae III fragmentsを、反応液中37℃にて3時間反応させ、電気泳動によりDNase I当量として1.25×10-4 U以下であることを確認している。

用途

  • 1st strand cDNAの合成
  • RNA-PCR
  • cDNAプローブの調製

起源

Avian myeloblastosis virus(AMV)

一般的性質

  • 分子量
    αβ型:157,000
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。