BciT130 I (EcoR II, Mva I)

反応用バッファー添付
Loading Buffer添付
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
1232A

TKR

タカラバイオ(株)
BciT130 I(EcoR II, Mva I)
制限酵素
2,000 U ¥10,500
¥7,350
2021/07/01~
2021/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
1232A
1232B(A×5)

TKR

タカラバイオ(株)
BciT130 I(EcoR II, Mva I)
制限酵素
10,000 U ¥41,000
¥28,700
2021/07/01~
2021/08/31

説明書・データシート・ベクター情報
1232B(A×5)
※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

制限酵素名の表記について:
カタログなどで、制限酵素名のあとに( )で記載している酵素はアイソシゾマー(isoschizomer)です。
アイソシゾマーは同じ塩基配列を認識する制限酵素ですが、切断位置やメチル化の影響などが異なる場合がありますのでご注意ください。

保存

-20℃

濃度

10 U/μl

添付・活性測定Buffer

K

反応温度

37℃

活性測定基質

λDNA

起源

Bacillus circulans T130

失活条件

本酵素は、熱処理(70℃、15分)では完全に失活しない。反応後、酵素を完全失活させるためには、エタノール沈殿(またはフェノール処理後、エタノール沈殿)を行う。

Ligation-Recutting Test

本酵素で切断したDNA フラグメントは、その末端塩基配列の影響でライゲーション効率が低くなる。ライゲーション反応には、DNA Ligation Kit Ver.2.1 を用いた長時間反応を推奨する。

メチル化の影響

dcm methylaseの影響を受けない。
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。