Cellartis® Definitive Endoderm Differentiation Kit

ヒトiPS/ES細胞から胚体内胚葉(DE)細胞への分化誘導には
  • ヒト多能性幹細胞から胚体内胚葉(DE)細胞への分化誘導が可能
  • 培地とready-to-useのコーティング剤を含むオールインワンキット
  • 25種類以上の幹細胞株で分化を確認済
  • 高い分化誘導率(80%以上の SOX17陽性細胞)
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別)
キャンペーン価格
特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
Y30035

CEL

Takara Bio Europe AB社
Cellartis® Definitive Endoderm Differentiation Kit with DEF-CS™ Culture System
疾患モデル研究関連製品 劇物 安全データシート(SDS)添付 ライセンス
1 Kit ¥59,000
¥50,150
2021/11/24~
2022/03/31

説明書・データシート・ベクター情報 参考資料
Y30035
Y10040

CEL

Takara Bio Europe AB社
Cellartis® Definitive Endoderm Cells (from ChiPSC18)
疾患モデル研究関連製品 劇物 安全データシート(SDS)添付 ライセンス
1 ml(6×106 cells) ¥69,000
¥58,650
2021/11/24~
2022/03/31

ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用に関して
説明書・データシート・ベクター情報
Y10040
※色文字での表示は、キャンペーン価格およびそのキャンペーン期間です。
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

Cellartis Definitive Endoderm Differentiation KitはヒトiPS細胞から胚体内胚葉(Definitive Endoderm:DE)細胞へプレート培養で分化誘導するための完全培地とready-to-useのコーティング剤よりなるキットである。本製品には分化誘導前に未分化状態でiPS細胞を培養できる培地Cellartis DEF-CS 100 Culture Systemも含まれている。本製品によって得られた胚体内胚葉細胞は肝細胞や膵臓内胚葉細胞への分化誘導に使用できる(参考文献1)。 胚体内胚葉細胞から肝細胞への分化には、Cellartis Hepatocyte Differentiation Kit(製品コード Y30050)の使用をお勧めする。またはCellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation System(製品コード Y30055)の利用によりiPS細胞から肝細胞への分化も可能である。

カスタムで、お手持ちのヒトiPS細胞からの分化誘導を承っております。
分化細胞種:心筋細胞、血管内皮細胞、肝細胞、膵β細胞

ご興味のある方はお問い合わせください。
⇒ウェブからのお問い合わせはこちら https://www.takara-bio.co.jp/research/support/tsl/
TEL 077-565-6999


横にスクロールできます
 
Cellartis human iPS cell lines Cellartis Definitive Endoderm ChiPSC18 Cellartis Enhanced hiPS-HEP v2 Cellartis iPS Cell to Hepatocyte Differentiation System Cellartis DEF-CS Culture System Cellartis Hepatocyte Differentiation Kit Cellartis Hepatocyte Maintenance medium

ヒトiPS細胞から肝細胞への分化誘導のフロー

内容

横にスクロールできます
・Differentiation Media6本
Definitive Endoderm Differentiation Day 0 : 18 ml
Definitive Endoderm Differentiation Day 1 : 18 ml
Definitive Endoderm Differentiation Day 2 : 18 ml
Definitive Endoderm Differentiation Day 3 : 25 ml
Definitive Endoderm Differentiation Day 4 : 47 ml
Definitive Endoderm Differentiation Day 6 : 47 ml
・Definitive Endoderm Differentiation Coating 1本
・Cellartis DEF-CS 100 Culture System
Cellartis DEF-CS Basal Medium100 ml 
Cellartis DEF-CS COAT-1800 μlプレートコーティング剤(6ウェルプレート 約16ウェル分)
DEF-CS GF-1300 μl
 
培地添加剤
DEF-CS GF-2100 μl
DEF-CS GF-340 μl

保存

・Differentiation Media:4℃
・Definitive Endoderm Differentiation Coating :-20℃
・Cellartis DEF-CS 100 Culture System
  DEF-CS Basal Medium (100 ml):4℃
  DEF-CS COAT-1 :-20℃
  DEF-CS GF-1、GF-2、GF-3:-20℃

図1. 胚体内胚葉細胞への分化過程におけるマーカー遺伝子の発現確認
2種のヒトiPS細胞株(ChiPSC18、P11025)を本製品にて胚体内胚葉細胞に分化誘導し、内胚葉マーカー遺伝子のmRNA発現量をRT-qPCRにより解析した。未分化な細胞(day0)から胚体内胚葉へ分化した(day7)ことが確認できた。

ヒトiPS細胞由来細胞の使用に関して

本製品は、ヒトiPS細胞由来の分化細胞です。添付の文書をご確認のうえ、お取扱いにはご注意ください。 ヒトiPS細胞由来分化細胞の使用について
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。