細胞ストレスおよび代謝関連測定キット

製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
PK-CA577-K263

PCI

PromoCell社
Colorimetric GST Assay Kit
取寄 毒物 化学物質排出把握管理促進法(PRTR法) 安全データシート(SDS)添付
100回 ¥80,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25175
PK-CA577-K260

PCI

PromoCell社
Fluorometric GST Assay Kit
取寄
100回 ¥80,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25172
PK-CA577-K335

PCI

PromoCell社
SOD Assay Kit
取寄
100回 ¥66,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25189
PK-CA577-K252

PCI

PromoCell社
Fluorometric Nitric Oxide Assay Kit
取寄 劇物 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
96回×2 ¥76,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25163
PK-CA577-K332

PCI

PromoCell社
HAT Activity Assay Kit
取寄
100回 ¥89,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25188
PK-CA577-K253

PCI

PromoCell社
DNA Damage Detection Kit
取寄
25回 ¥97,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25164
PK-CA577-K337

PCI

PromoCell社
NAD/NADH Quantitation Kit
取寄 労働安全衛生法 安全データシート(SDS)添付
100回 ¥94,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25190
PK-CA577-K354

PCI

PromoCell社
Fluorometric & Colorimetric ATP Quantitation Kit
取寄
100回 ¥87,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25192
PK-CA577-K355

PCI

PromoCell社
Fluorometric & Colorimetric ADP Quantitation Kit
取寄
100回 ¥87,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25193
PK-RP577-1243-1

PCI

PromoCell社
GST protein (active)
取寄
1 mg ¥31,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25849
PK-CA577-1556-1

PCI

PromoCell社
GST Inhibitor-2 (ethacrynic acid)
取寄
1 mg ¥23,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25364
PK-CA577-1241-1

PCI

PromoCell社
Oxidized Glutathione (GSSG)
取寄
1 g ¥24,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25349
PK-CA577-1242-1

PCI

PromoCell社
Reduced Glutathione (GSSG)
取寄
1 g ¥24,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25350
PK-RP577-4802-100

PCI

PromoCell社
Superoxide Dismutase (SOD, human)
取寄
100 μg ¥70,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25853
PK-RP577-1137-100

PCI

PromoCell社
HAT protein (P/CAF, active)
取寄
100 μg ¥66,000
説明書・データシート・ベクター情報
D25841
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

Colorimetric GST Assay Kit、Fluorometric GST Assay Kit

グルタチオン(GSH)は主要な細胞内低分子チオールであり、組織や細胞の酸化ストレスに対する生体防御において重要な役割を果たしている。グルタチオン-S-トランスフェラーゼ(GST)はグルタチオンと生体異物を結合させることで生体異物の解毒に関与する必須酵素である。
これらの製品は粗細胞抽出液または精製されたタンパク質画分のGST活性を、比色法または蛍光法で測定するキットである。また、GSTタグ融合タンパク質の定量にも適している。Colorimetric GST Assay Kitは発色基質 CDNBを、Fluorometric GST Assay Kitは蛍光基質 MCBをGSTの基質として用いている。

CDNBはα-GST、µ-GST、phi-GSTなど、様々なGSTのアイソザイムを検出することができる。一定の条件下でのグルタチオンとCDNBの結合は、GST量に完全に依存している。検出限界はGST 約10 ng/アッセイである。

遊離型のMCBはほぼ無蛍光であるが、グルタチオンと反応すると青い蛍光を発するようになる(Ex/Em = 380/461 nm)。GSTはMCB‐グルタチオンの反応を触媒し、その蛍光レベルは反応液中のGST量に比例する。したがって、蛍光光度計または96ウェル蛍光プレートリーダーを用いて、サンプル中のGSTレベルを簡単に検出することができる。
内容
Colorimetric GST Assay Kit(製品コード PK-CA577-K263)
  ・GST Assay Buffer
・GST Substrate (CDNB)
  ・Glutathione (GSH, 凍結乾燥)
  ・GST Standard (0.625 μg/μl)

Fluorometric GST Assay Kit(製品コード PK-CA577-K260)
  ・GST Assay Buffer
  ・GST Sample Buffer
  ・MCB Substrate
  ・Glutathione (凍結乾燥)
  ・GST Standard (20 mU/μl)
保存
-20℃

SOD Assay Kit(製品コード PK-CA577-K335)

スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)は最も重要な抗酸化酵素の一つである。SOD Assay Kitはキサンチン/キサンチンオキシダーゼ(XOD)とWST-1を利用して、SOD活性を高感度に測定するキットである。キサンチンにXODが作用するとスーパーオキシドアニオンが生じ、生じたスーパーオキシドアニオンでWST-1が還元されて水溶性のホルマザン色素を生成する。SODはスーパーオキシドアニオンを不均一化することによりこの反応を阻害する。SODによる反応阻害を比色法で測定することにより、SOD活性を求めることができる。

SOD Assay Kitの原理
図1.SOD Assay Kitの原理

・WST Solution
・SOD Enzyme Solution
・SOD Assay Buffer
・SOD Dilution Buffer
保存
4℃
WST Solutionは遮光保存

Fluorometric Nitric Oxide Kit(製品コード PK-CA577-K252)

一酸化窒素(NO)は神経伝達、血管調節、免疫応答、アポトーシスにおいて重要な役割を果たしている。本製品は、全硝酸塩/亜硝酸塩濃度をシンプルな2ステップの手順で測定する正確かつ簡便なキットで、一酸化窒素産生の定量的測定のために使用できる。最初のステップで、硝酸還元酵素を用いて硝酸を亜硝酸に変換する。次に、亜硝酸に蛍光試薬DANとNaOHを加えて蛍光化合物を生成させる。蛍光生成物を測定することで、トータル一酸化窒素生成物を正確に定量することができる。
本製品は培地、血漿、組織ホモジネートにも使えることが確認されている。
内容
  ・Assay Buffer
  ・Enzyme Co-factors
  ・Enhancer
  ・Nitrate Reductase
  ・Nitrate Standard
  ・Nitrite Standar
  ・DAN Probe
・Sodium Hydroxide
  ・Microtiter Plate
  ・Plate Cover
保存
-20℃

HAT Activity Assay Kit(製品コード PK-CA577-K332)

ヒストンアセチルトランスフェラーゼ(HAT)は、遺伝子の転写、分化、増殖などの様々な細胞機能において重要な役割を果たしている。本製品は、哺乳類サンプルのHAT活性を迅速かつ高感度に分光光度法で検出できる、簡便なnon-RIのシステムである。連続検出が可能であるため、動態研究にも適している。
内容
・HAT Assay Buffer (2X)
・HAT Substrate I
・HAT Substrate II
・NADH Generating Enzyme
・NE (Nuclear Extract, 4 mg/ml)
・HAT Reconstitution Buffer
保存
-70℃

DNA Damage Detection Kit(製品コード PK-CA577-K253)

化学物質による損傷や細胞老化など、様々な生理学的および環境的要因によってDNA損傷が引き起こされる。AP部位 (脱プリン/脱ピリミジン部位) は酸化、脱アミノ化、あるいはアルキル化された塩基の修復や塩基除去の過程で形成される主なDNA損傷の1つである。1日に1細胞当たり約2×105塩基の損傷が生じると推定されている。したがって、細胞のAP部位の量はDNA損傷と修復の良い指標となる。 DNA Damage Detection KitはAP部位の開環型に存在するアルデヒド基と特異的に反応するARP (アルデヒド反応性プローブ) 試薬を使用している。AP部位を含むDNAをARP試薬で処理するとAP部位はビオチン残基で標識され、アビジン‐ビオチンアッセイと比色検出によって定量することができる。本キットには96ウェルプレート中の精製DNAサンプルの脱塩基部位を簡便に測定するために必要な試薬が含まれている。
内容
・ARP Solution (10 mM)
・TE Buffer
・Glycogen Solution
・0 ARP-DNA Standard
・40 ARP-DNA Standard
・DNA Binding Solution
・HRP-Streptavidin
・10X Wash Buffer
・HRP Developer
・96-well Microplate (8 x 12 strips)
保存
4℃(凍結不可)

NAD/NADH Quantitation Kit(製品コード PK-CA577-K337)

本製品は細胞内のヌクレオチドNADとNADHを簡便かつ高感度に定量し、それら割合を検出するキットで、エネルギー変換研究や細胞または組織の酸化還元状態の測定に使用することができる。本キットは、酵素サイクリング反応において、NAD/NADHのみ、あるいはNADP/NADPHのみを特異的に認識するように設計されているため、検出感度が大幅に上昇している。混合試料からNAD/NADHあるいはNADP/NADPHを精製することなく測定が可能である。
内容
・NAD/NADH Extraction Buffer
・NAD Cycling Buffer
・NAD Cycling Enzyme Mix
・NADH Developer
・Stop Solution
・NADH Standard (MW: 763)

保存
-20℃

Fluorometric & Colorimetric ATP Quantitation Kit、Fluorometric & Colorimetric ADP Quantitation Kit

ミトコンドリアで生成されるATPは生体システムの主なエネルギー通貨であり、実質的にはすべてのエネルギー要求プロセスはATPのリン酸結合に蓄積された化学エネルギーを利用している。様々な遺伝性疾患はミトコンドリアでのATP産生に影響を及ぼすことがある。 発光測定によってフェムトモルあるいはそれ以下のATPを検出できる多数のATPアッセイキットがあるが、それらキットは特殊な発光測定装置が必要であり、また、活性型を維持するのが難しいルシフェラーゼを使用する。
Colorimetric & Fluorometric ATP Quantitation Kitは、グリセロールリン酸化反応を利用しており、その生成物は比色(λmax = 570 nm)または蛍光(Ex/Em = 535/587 nm)法で簡便に定量できるため、確実で簡便な方法でATPを測定することができる。本アッセイでは、様々なサンプルで50 pmol (1μM) のATPを測定することができる。

ADPはATPの脱リン酸化により生成され、再びリン酸化されてATPになる。脱リン酸化と再リン酸化は、様々なホスファターゼ、ホスホリラーゼおよびキナーゼの作用によって起こる。ADPは血小板に蓄積され、放出されて様々なプリン受容体と結合する。ADPレベルは、中間代謝に関与するいくつかの酵素を制御している。ADPのATPへの変換プロセスのいくつかは細胞質で起こるが、主にミトコンドリア内部と葉緑体内部で起こる。従来、ADPレベルは、まずADPをATPへ変換し、ルシフェラーゼ/ルシフェリンを利用してATPを検出することによって測定されていた。しかし、ルシフェラーゼシステムは不安定であり、発光測定装置が必要とされる。

Fluorometric & Colorimetric ADP Quantitation Kitは、簡便な比色および蛍光法でADPレベルを測定することができるキットである。本キットでは、ADPはATPとピルビン酸に変換され、産生したピルビン酸を比色(λmax = 570 nm)または蛍光(Ex/Em 535/587 nm)で定量することができる。本キットは簡便、高感度、安定であり、ハイスループットにも適している。さらに、生体サンプル中の1 μMのADPも検出可能である。
内容
Fluorometric & Colorimetric ATP Quantitation Kit(製品コード PK-CA577-K354)
・ATP Assay Buffer
・ATP Probe (in DMSO)
・ATP Converter
・Developer Mix(凍結乾燥品)
・ATP Standard(1 μmole; 凍結乾燥品)

Fluorometric & Colorimetric ADP Quantitation Kit(製品コード PK-CA577-K355)
・ADP Assay Buffer
・ADP Probe(凍結乾燥品)
・Dimethylsulfoxide (DMSO, Anhydrous)
・ADP Converter
・Developer Mix(凍結乾燥品)
・ADP Standard(1 μmole; 凍結乾燥品)
保存
-20℃ 遮光保存
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。