Taq Antibody

Hot Start PCR用抗Taq抗体
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
9002A

TKR

タカラバイオ(株)
Taq Antibody
250 U ¥12,000
説明書・データシート・ベクター情報
9002A
9002B(A×4)

TKR

タカラバイオ(株)
Taq Antibody
1,000 U ¥39,000
説明書・データシート・ベクター情報
9002B(A×4)
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

製品説明

Taq Antibodyは、Hot Start PCR用の抗Taq抗体である。Taq DNA Polymeraseと結合することでポリメラーゼ活性を抑制し、PCRサイクル前のミスプライミングやプライマーダイマーに由来する非特異的増幅を防ぐことができる。Taq Antibodyは、PCRの最初のDNA変性ステップで変性するため、特別な変性ステップは必要なく、従来のPCR条件で使用できる。
TaKaRa TaqTaKaRa Ex TaqTaKaRa LA TaqTaKaRa Z-Taqに対して本製品が有効に作用することを確認している。

保存

-20℃

形状

22 mMTris-HCl(pH8.0)
100 mMKCl
15 mMNaCl
0.1 mMEDTA
1 mMDTT
0.5%Tween20
0.5%NP-40
50%Glycerol

濃度

5 U/μl

活性の定義

1 unitのTaq DNA Polymeraseの酵素活性を55℃、10分間の反応で90%以上阻害するTaq Antibody量を1 Uとする。ただし、Taq AntibodyはあらかじめTaq DNA Polymeraseと混合し、25℃、10分間インキュベートして結合させてから使用するものとする。

用途

Hot Start PCR法によるDNA増幅

使用方法

(1)Taq DNA Polymeraseの酵素液とTaq Antibodyを同液量ずつ穏やかに混合し、20~25℃で約10分間静置する(必ず原液のまま混合すること)。
(2)各酵素製品の使用方法に従って、PCR反応を行う。

この方法でTaKaRa Taq(製品コード R001A/B/C)、TaKaRa Ex Taq(製品コード RR001A/B/C)、TaKaRa LA Taq(製品コード RR002A/B)、TaKaRa Z-Taq(製品コード R006A/B)に対してTaq Antibodyが有効に作用することを確認している。

注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。