ExpressHyb™ ハイブリダイゼーション溶液

  • 短いハイブリダイゼーション時間で感度が向上
  • cDNAアレイ、ノーザン、サザン、コロニーハイブリダイゼーションなどに理想的
  • RI標識、non-RI標識検出系のいずれにも使用可能
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
636833

CLN

Clontech
ExpressHyb™ Hybridization Solution
化学物質排出把握管理促進法(PRTR法) 安全データシート(SDS)添付
1 L ¥99,000
説明書・データシート・ベクター情報
Z6833N
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

ExpressHyb Hybridization Solutionを用いると、より短いハイブリダイゼーション時間で高感度検出が可能である(1)。他の標準的なハイブリ用溶液では一晩のインキュベーションが必要で、バックグラウンド上昇も稀ではない。ExpressHybは、RI標識またはnon-RI標識のDNAプローブ、オリゴヌクレオチドプローブ、リボプローブのいずれにも有効に使用できる。ExpressHybを用いれば、RI標識、non-RI標識検出系のいずれでも同等の結果が得られる。ExpressHyb Hybridization Solutionは他社ハイブリ溶液よりも低粘度で室温保存が可能な調製済みの水溶液である。
製品には、放射、呈色、化学発光の各検出系用のノザン、サザン、コロニーハイブリダイゼーション用プロトコールが添付されている。


図1. ExpressHyb Hybridization Solutionによる低バックグラウンドで高感度なハイブリダイゼーション
RI標識したHuman Transferrin Receptor cDNA Probeを用いて、Human 12-Lane MTN Blot*のハイブリダイゼーションを行った。ハイブリはExpressHyb中で60℃ 1時間行い、露光は15時間行った。
* 販売終了しました。

保存

室温
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。