Advantage® Genomic LA ポリメラーゼミックス & Advantage® GC Genomic LA ポリメラーゼミックス

  • 長鎖増幅に非常に有用なPCR酵素
  • 41 kbまでの増幅を確認
  • Advantage GC Genomic LAポリメラーゼミックスは、高次構造を有するGCリッチなゲノムDNAからの増幅に最適化
製品コード メーカー
略称
製品名 容量 価格(税別) 特記事項 説明書、CoA
データシート
ベクター情報
参考資料 カート
Takara Code
639152

CLN

Clontech
Advantage® Genomic LA Polymerase Mix
100回 ¥42,000
説明書・データシート・ベクター情報
Z9152N
639153

CLN

Clontech
Advantage® GC Genomic LA Polymerase Mix
200回 ¥85,000
説明書・データシート・ベクター情報
Z9153N
カートにいれる

WEB会員ログインが必要です

Advantage Genomic LA Polymerase MixとAdvantage GC Genomic LA Polymerase Mixは、あらゆる鋳型から長鎖の増幅が可能なPCR酵素である。後者は、一般的なPCR酵素では増幅が難しい高次構造をもつ鋳型やGCリッチな配列の増幅にも威力を発揮する。

優れたブレンド酵素

両製品はAdvantage Genomic LA Polymeraseを使用している。Advantage Genomic LA Polymeraseには、全長タイプの耐熱性Taq DNAポリメラーゼと少量の校正用酵素ならびにホットスタート用の抗体が含まれている。校正用酵素のもつ3’-5’エキソヌクレアーゼ活性により、間違えて取り込まれた塩基が除去され(図1)、引き続き伸長反応が進行し、長鎖DNA断片の増幅が可能となる。Advantage GC Genomic LA Polymerase MixにはClontech独自のGC-Melt Reagentが含まれており、GCリッチ配列の増幅を劇的に改善する。これらのPCR酵素を用いることで、ヒトゲノムDNAを鋳型として30 kbまで(GCリッチな場合は20 kb)、また複雑度の低い鋳型であれば40 kb以上の増幅が可能である。

高収量を実現

この強力な酵素システムでは、バックグラウンドが低く、増幅産物収量が非常に高いPCRが可能である。最適化されたバッファーが添付されており、多くの場合、反応条件の検討なしで使用できる。

図1. 間違って取り込まれた塩基の3’-5’エキソヌクレアーゼ活性による除去
間違った塩基が取り込まれると、それ以降の伸長反応は極端に悪くなる。これを、3’-5’エキソヌクレアーゼ活性により取り除くことで、伸長反応は再開してスムーズに進行し、結果として長鎖DNAの増幅が可能となる。

反応特異性の向上

ホットスタート用の抗体を組み込むことで、室温ではポリメラーゼ活性は阻害され、ホットスタートPCRを行うことができる。抗体は、PCRサイクルの最初のステップで変性し、100%の酵素活性が速やかに回復する。ホットスタート抗体の使用により、サイクリング前のミスアニーリングに起因する非特異的な増幅やプライマーダイマーの形成が抑制され、PCRの増幅効率や反応特異性が顕著に改善される。
なお、これらの酵素で増幅したPCR産物は、ほとんどが3’-Aオーバーハングをもつため、TA-ベクターへのクローニングが可能である。

内容

Advantage Genomic LA Polymerase Mix
(製品コード 639152)
・Advantage Genomic LA Polymerase
・10× Advantage Genomic LA Buffer (Mg2+)

Advantage GC Genomic LA Polymerase Mix
(製品コード 639153)
・Advantage GC Genomic LA Polymerase
・2× Advantage GC-Melt Buffer

保存

-20℃
注意事項
  • 弊社の取扱い製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。