16S rRNA解析(細菌叢解析)のグループ情報記載例と使用例

グループ情報記載例

グループ情報記載欄には、実験Setごとにグループ情報をご記載ください。

系統分類結果の並び替え、多様性解析が結果に反映されます。
また菌叢統計比較解析をご依頼いただいた場合は、指定のグループ間での統計検定による群間比較を実施いたします。
例えば、以下記載例ではSet A(Control対Treat)、Set B(male対female)、
Set C(age10s対age50s対age70s)の3 Setがそれぞれグループ比較として多様性解析・菌叢統計比較解析に用いられます。

<記載例>
検体No サンプル名称 Set A Set B Set C Set D
1 A Control male age10s
2 B Control female age10s
3 C Treat male age50s
4 D Treat female age70s

※ オンライン注文ではSet名称は変更できません。

※ グループを指定しない場合は"-"のままにしてください。
またSet内で比較に使用しないサンプルについても"-"のままにしてください。

グループ情報使用例

指定されたグループ情報は以下のように反映されます。

  • 系統分類結果
    KingdomからSpeciesレベルまで全サンプル分の菌株の存在量をhtml形式のファイルでご確認いただけます。サンプル、グループ名で並び替えが可能です。(並び順は数値、アルファベットの昇順となります。)
    系統分類結果
  • α多様性解析(Rarefaction 解析結果)
    検体中の菌種の多様性をご確認いただけます。検体ごと、グループごとの結果を表示可能です。
    α多様性解析の表示結果
  • β多様性解析(主座標分析結果)
    PCoA(主座標分析)の実施結果です。解析検体数が3検体未満の場合作成されません。
    β多様性解析の表示結果
注意事項
  • 本ページの製品はすべて研究用として販売しております。ヒト、動物への医療、臨床診断用には使用しないようご注意ください。また、食品、化粧品、家庭用品等として使用しないでください。
  • タカラバイオの承認を得ずに製品の再販・譲渡、再販・譲渡のための改変、商用製品の製造に使用することは禁止されています。
  • タカラバイオ製品に関連するライセンス・パテントについては、ライセンスマークをクリックして内容をご確認ください。
    また、他メーカーの製品に関するライセンス・パテントについては、各メーカーのウェブサイトまたはメーカー発行のカタログ等でご確認ください。
  • ウェブサイトに掲載している会社名および商品名などは、各社の商号、または登録済みもしくは未登録の商標であり、これらは各所有者に帰属します。