キャンペーン

好評実施中ChIP-seq/ATAC-seq解析受託キャンぺーン

キャンペーン期間:2017年8月21日~2017年11月30日

◆クロマチン免疫沈降サンプルの解析(ChIP-seq解析)受託 ◆
煩雑で時間のかかるChIP反応を、経験豊富なActive Motif社で作業します。
バリデーション済み抗体を多数ご用意しています。市販抗体のバリデーション作業も可能です。

培養細胞からゲノムDNA調製を行います。
組織サンプルや脂肪細胞などの場合は、5万円(税別)の追加費用が必要です。


抗体のバリデーション作業が必要な場合、有償にて対応可能です。




Inputデータはノイズ除去に利用します。
2検体以上の場合は、比較解析が可能です。



<受入サンプル>
サンプル サンプル量 サンプルの処理方法
培養細胞 1×107 細胞 以上  指定の固定方法(別途ご連絡)で処理してください。
※メチル化解析用の培養細胞は固定化不要
(凍結後-80℃保存)
組織
(B細胞・T細胞含む)
200 mg 以上  液体窒素で凍結後、-80℃で保存してください。
※FFPEサンプルも対応可能
(詳細はご相談ください)

クロマチン免疫沈降サンプルの解析(ChIP-seq解析)受託サービスの詳細はこちら


◆ATAC-seq解析受託 ◆
エピジェネティクス研究のスクリーニングに最適です。
Transposomeを利用した、オープンクロマチン領域の網羅的解析を行います。


培養細胞からのゲノムDNA調製のみ対応可能です。





イルミナシーケンサーで、3,000万リード以上を取得します。


モチーフ解析により、転写因子の推定が可能です。



<受入サンプル>
サンプル サンプル量  サンプルの処理方法
培養細胞 1×105 細胞 以上   細胞ペレットを5%DMSO存在下で緩慢凍結してください。
(凍結方法は別途ご連絡)
※固定化は不要  ※血球系の細胞も対応可能

ATAC-seq解析受託サービスの詳細はこちら

お問い合わせはこちら


■キャンペーンチラシは以下をご参照ください
ChIP-seq/ATAC-seq解析受託キャンぺーン
ChIP-seq/ATAC-seq解析受託キャンぺーン