この画面を閉じる

文献元のページへ

pTRE-Tight ベクター

使用文献

Tet-On® & Tet-Off®システムおよび細胞株を利用した論文

  • HeLa Tet-On細胞で、Endonuclease IIIとendonuclease VIIIの発現を調節し、酸化ストレスによるミトコンドリアDNA修復と細胞再生への影響を研究
    Rachek LI, et al.
    Nucleic Acids Res. (2004) Jun 15;32(10):3240-3247.

  • HeLa Tet-Off細胞で、血管内皮NO合成酵素の発現を調節し、TNFαによるアポトーシス経路の制御を検討
    Stephania Blotta, et al.
    J . Biol. Chem. (2001) Feb;276:6529-6536.

  • MCF7 Tet-On細胞で、PPAR(Peroxisome Proliferator-Activated Receptor)の発現を調節し、乳ガンや前立腺ガン細胞への影響と治療法について考察
    Stephen RL, et al.
    Cancer Res. (2004) May 1;64(9):3162-3170.

  • MCF7 Tet-Off細胞で、HMGIの発現を調節し、腫瘍形成・転移などの影響を研究
    Reeves R, et al.
    Mol. Cell Biol. (2001) Jan;21(2):575-594.

  • Jurkat Tet-On細胞で、p57Kip2の発現を調節し、T細胞の細胞周期への影響を研究
    Li G, et al.
    J Immunol. (2004) Aug 15;173(4):2383-2391.

  • Jurkat Tet-Off細胞で、HIV-1の外被糖タンパク質であるgp160とその変異体の発現を調節し、アポトーシスとの関わりを研究
    Micoli KJ, et al.
    J Biol. Chem. (2000) Jan 14;275(2):1233-1240.

  • PC12 Tet-Off細胞で、SOCS2(Suppressor Of Cytokine Signaling 2)の発現を調節し、EGFRのリン酸化反応と神経突起伸長について検討
    Goldshmit Y, et al.
    J Biol. Chem. (2004) Apr 16;279(16):16349-16355.

  • Caco-2細胞で、タイトジャンクションを形成するタンパク質(オクルディン)の発現をTet-Offシステムで調節し、CPE処理の影響を研究
    Singh U, et al.
    J Biol. Chem. (2000) Jun 16;275(24):18407-18417.

  • Tet-Offシステムを組み込んだマウス線維芽細胞で、オートファジー関連遺伝子(Atg5)の発現を調節し、オートファジーの細胞サイズ制御への関与について調べた例
    Hosokawa N, et al.
    FEBS Lett. (2006) May 15;580(11):2623-2329.
  • Tetシステムを応用し、miRNA発現コンストラクトを1つのレンチウイルスベクター上に構築した例
    Kum-Joo Shin, et al.
    PNAS. (2006);103:13759-13764.
トランスジェニックマウス他
  • nucleosome-polyomavirus T-Ag complexesを調節するmouse major urinary protein promoterを組み込んだ応答発現ベクターpTRE2 Vectorをマウスにトランスフェクションして、トランスジェニックマウスを作製。自己免疫関連の研究に使用
    Bendiksen S, et al.
    J Immunol. (2004) Dec 15;173(12):7630-7640.

  • ケモカインKCとβ-galactosidaseを共発現する応答発現ベクターpBI-G Tet Vectorを用いてトランスジェニックマウスを作製。好中球の移動阻害による影響を検討
    Wiekowski MT, et al.
    J Immunol. (2001) Dec 15;167(12):7102-7110.

  • Tet-On Vectorを利用してトランスジェニックゼブラフィッシュを作製し、発生の後期においても、特定の組織における目的遺伝子の機能解析が可能であることを示した例
    Huang CJ, et al.
    Dev Dyn. (2005) Aug;233(4):1294-1303.

  • マウス個体のアストロサイトで特異的にターゲット遺伝子(ドミナントネガティブSNARE遺伝子)の発現誘導を行い、シナプス間のシグナル伝達への影響を調べた例
    Astrocytic Purinergic Signaling Coordinates Synaptic Networks
    Olivier Pascual, et al.
    Science, Oct (2005);310:113-116.

    Endogenous nonneuronal modulators of synaptic transmission control cortical slow oscillations in vivo
    Tommaso Fellin, et al
    PNAS. (2009);106:15037-15042.

参考文献

  1. pTRE-Tight Vectors (April 2003) Clontechniques XVIII(2):10-11.

この画面を閉じる